Cover-News-CO2-emissions-1600px.jpg

Newsroom / News

ビューローベリタスのCO2 排出量削減に対する取り組み

2022-12-20

ビューローベリタスは、そのCSR 戦略(Shaping a Better World)として、特に二酸化炭素排出量の削減と生物多様性の保護にフォーカスして業界の模範として取り組み、2025 年までに従業員1人あたりの年間CO2排出量(*)を2トンにするという目標を立てています。

2022年12月、COP 27に合わせたビューローベリタスグループ内キャンペーンとして、 CO2排出量削減に関するイニシアチブを実施したチームの表彰を行いました。
グループ全社から約60のイニシアチブが提出され、そのなかから、日本の“環境にやさしい食品分析ラボ”が特別賞を受賞しました。
ラボで使用する電力はすべて再生可能または非化石資源によって賄われ、CO2排出量の削減に貢献します。また、ラボは生産効率や労働安全衛生の面にも配慮して設計されています。

(*) スコープ 1、2、3(業務上の移動に伴う排出)。

グループウェブサイト(英語)