News

MEPC 76(第76回 海洋環境保護委員会)主な審議内容

Jul. 21 2021

6月10日から17日にかけて、MEPC 76がリモートで開催されました。主な内容は以下のとおりです。

<GHG削減について>

採択された内容

  • resolution MEPC.328(76)- MARPOL Annex VI 改正案
    - EEXI規制およびCII規制の導入(2022年11月1日施行)
    - 船主・管理会社または旗国が1年の途中で変更する場合、変更後の旗国に対し変更前の本船の燃費報告データへのアクセスを可能にし、変更前のデータを含むCIIの報告と評価が年末までに行われるようにする。
  • EEXI規制について

    -  resolution MEPC.332(76)- EEXI規制の計算方法についての2021年ガイドライン

    -  resolution MEPC.333(76)- EEXI規制の検査と証書についての2021年ガイドライン

    -  resolution MEPC.334(76)- EEXI規制要件への適合と出力抑制のためのシャフト/エンジン出力制限についての2021年ガイドライン

  • CII規制について
    -  resolution MEPC.335(76)- CII規制の計算方法についての2021年ガイドライン(G1)

    -  resolution MEPC.336(76)- CII規制のリファレンスラインについての2021年ガイドライン(G2)

    -  resolution MEPC.337(76)- CII規制のリファレンスラインにおける削減計数についての2021年ガイドライン(G3)

    -  resolution MEPC.338(76)- CII規制の格付けについての2021年ガイドライン(G4)

    -  2022年までの2019年比削減率は1%ずつ、2023年から2026年までは2%ずつ、それ以降は未定。2026年に削減率を見直し目標を設定。

 

<GHG削減についてその他の審議内容>

  • IMO GHG削減戦略の短期的施策

    -  IMO GHG削減戦略の短期的施策に対し、各規制による影響評価の結果を提出(結果の内容は議事録参照)

    -  特に発展途上国や島しょ国において懸念される、不公平となる影響について、規制の免除は現段階では導入しないが、今後見直しの必要がある。

    -  教訓となる演習を実施し、短期対策でさらなる検討が必要な項目や不公平となる影響への解決案を探る

  • IMO GHG削減戦略の中長期施策(議事録Annex IV参照)
    -  3つのフェーズによる施策の審議スケジュール

    -  フェーズ1での対策案の洗い出しは2022年春までとする

  • IMRB(国際研究開発委員会)とIMRF(支援プロジェクトへの資金提供)

  • GHG排出量に対する課金

 

<その他の採択された内容>

  • 条約の改正

    -  resolution MEPC.330(76)- MARPOL Annex VI 改正案 検査および証書発行が免除されるUNSP(無人非自走式)バージの定義等の明確化(2022年11月1日施行)

    -  resolution MEPC.329(76)- MARPOL Annex I 改正案 北極海域において燃料としての重油の搭載および使用を禁止(2022年11月1日施行)

    -  resolution MEPC.331(76)- AFS条約 改正案 禁止物質にシブトリンを追加。(2023年11月1日施行)

  • EEDI規制について

    -  達成EEDI値の報告について、EEDIの算出方法に関する2018年ガイドラインの改正案(改正内容は議事録AnnexII参照)

    -  悪天候時の最小推進力を決定するための2013年暫定ガイドラインの改正:従来のレベル2・簡易評価に代わるものとして「Minimum Power Assessment」を設定

 

<その他の審議内容>

  • -  シャフト/エンジン出力制限ガイドライン策定計画(EEXI規制におけるガイドラインの内容を受けてEEDI規制におけるガイドラインをMEPC77で採択する見込み)

    -  NOxテクニカルコード2008の統一解釈(MEPC.1/Circ.865)承認

    -  水中騒音低減のためのガイドラインを見直し

    -  海洋プラスチックごみの対策について

その他の内容も含め、MEPC 76 の議事録はこちら