食品工場

ビューローベリタスの工場アセスメントサービス

新型コロナ感染拡大に伴う渡航制限によって、訪問することが難しくなったことから、海外にある自社製造拠点(工場)や製造委託協力会社の管理に関するご相談が増えてきました。
既存のサプライヤーの評価や進捗管理を検討されているお客様にも、新しくお取引を始めるサプライヤーの評価を希望されるお客様にも、皆さまのニーズに合わせて、ビューローベリタスはさまざまなご提案をしております。
一例である工場アセスメントサービスは、アジア12か国(中国、ベトナム、台湾ほか)EMEA27か国(英国、ドイツ、トルコ、ポーランドほか)、北南米10か国(北米、メキシコ、ペルーほか)で実施しています。
工場所在国に関わらず、ビューローベリタス消費財検査部門(CPS)のスタッフが、ご相談から監査レポート送付まで、日本語でサポートいたします。

ビューローベリタスのソリューション

工場アセスメントサービスの種類は以下のとおりです。
必要な監査を単独でも、組み合わせてでも、ご依頼いただけます。

1. Quality Management System Factory Assessment
品質マネジメントシステムの工場アセスメント(通常監査工数:1工数)

  • ビューローベリタス 消費財検査部門(CPS)とお客様との間で合意した基準に従って、サイト(工場)の品質システムを評価するオンサイトアセスメントです。
  • 評価の範囲は、一般的な管理要素、上級管理職のコミットメントと継続的改善、管理システム、製品管理、製品適合性評価、プロセス管理をカバーする要素によって評価します。
  • 製品に特有な評価要素の追加やカスタマイズが可能です。
  • 評価には、毎月の生産能力、関連する機械、生産される主な製品、社内/外部委託業務など、サイトから提供される一般的な情報も対象となる場合があります。

2. Factory Chemical Management System
工場の化学物質管理システム(通常監査工数:1工数)

  • 工場が製品に含まれる物質に関するトレーサビリティを特定、管理、提供するための管理システム導入に向けた監査基準です。
  • 工場の化学物質の管理と改善に焦点を当てています。
  • 工場が生産した製品の中に「何が入っているか」を知るためのシステムを確立します。
  • 規制化学物質管理を、より確実にし、リコールや法的要件違反のリスクを減らします。
  • 工場が規制物質にかかるさまざまな指令/規制(カリフォルニアProp65、CPSIA等)に対応できるよう整えます。

3. Mill Quality Improvement Assessment
素材工場の品質改善アセスメント(通常監査工数:1工数)

  • 繊維素材工場の工場アセスメントは、アパレル業界のグローバルブランド/小売業者が使用している既存の品質管理プログラムに基づいて設計された品質改善/プロセス管理に焦点を当てています。
  • 評価の範囲には、品質管理システム、工場環境、校正、製品リスク管理が含まれます。 評価の焦点は、紡糸、織り、編み、染色、プリントなどの工場固有の要件をカバーしています。より良い品質の完成されたテキスタイルと衣服をもたらす、より優れたプロセスと品質管理の推進が最終的なゴールです。
  • 素材工場特有の、紡糸、編み物、織り、染色、プリント等のプロセスをカバーするように特別に設計されています。 また、品質管理システム、工場環境基準、製品リスク管理、測定および監視デバイスの校正と管理、色管理プログラムも含まれています。

4. Pre- BRC* Gap Assessment(* British Retail Consortium英国小売業協会)
プレBRCギャップアセスメント(通常監査工数:2~3工数)

  • BRC Global Standard for Consumer Products Issue 3に対するオンサイトギャップ分析は、不適合の重要性をCritical、Major、およびMinorの3段階で格付けし、是正措置計画(CAP)の基になる指標を提供します。
  • BRCギャップアセスメントサービスは、製造業者/サプライヤーが消費者製品のBRC Global Standard for Consumer Products Issue 3への現在の対応状況を理解し、正式なBRC認証の前に改善すべき点を特定することを目的としています。

5. Mold Prevention Factory Assessment
カビ防止にかかる工場アセスメント(通常監査工数:1工数)

  • オンサイトアセスメントでは、ベストプラクティス、法定要件、および顧客要件に沿ったカビ防止にかかる工場管理に焦点を当てています。
  • オンサイトギャップ分析、不適合箇所の特定は、革靴、アクセサリー、衣料品製造施設でのカビの成長のリスクの改善、回避、削減することに焦点を当てています。
  • カビ防止工場アセスメントサービスは、製品のカビの成長の潜在的な原因となる可能性のある根源、材料、およびプロセスを特定し、原材料/コンポーネントおよび製品が出荷前に製造、保管、梱包された環境/条件について工場製造施設の調査を行う専門家が担当します。
  • このアセスメントは、工場の建物、原材料と製品の管理、材料のラミネート、生産エリアのメンテナンス、梱包エリアの要件、完成品の取り扱い、出荷と輸送、および制限された化学物質の管理まで対象としています。

6. Capability and Capacity Factory Assessment
技量と対応能力にかかる工場アセスメント(通常監査工数:1工数)

  • 技量と対応能力にかかる工場アセスメントは、指定された製品のカテゴリを生成するために必要な機器、プロセス、およびプロセス管理能力が工場にあるかどうかを判断するように設計されています
  • 技量と対応能力モジュールは、オンサイトでの機器のレビューと、工場から提供された製品カテゴリに特有の適切な製造基準(グッドプラクティス)への準拠に関する工場プロファイル質問票レビューを組み合わせた自己完結型のモジュールです。
  • 利用可能なカテゴリは次のとおりです。
    - アパレル
    - ホームテキスタイル
    - 糸と生地
    - 履物(靴)
    - おもちゃと子供向け製品
    - 電気
    - 家具
    - 一般消費財

7. Reasonable Testing Program (RTP) Factory Assessment
合理的なテストプログラム(RTP)の工場アセスメント(通常監査工数:最低でも1工数)

  • 16 CFR Part 1107 ‐ Testing and Labeling Pertaining to Product Certification で定義されている合理的なテストプログラムを実現するために必要な手順と有効性を評価するために、QMSモジュールと合わせて使用するように設計された補足モジュールです。
  • RTP特有の監査項目は以下の範囲をカバーしています。
    - 製品仕様書
    - 認証試験
    - 定期試験計画
    - 是正措置計画
    - 記録の保存
    - 材料変更の追跡
    - 代表サンプルの抽出
    - 不当威圧のためのトレーニング

8. CAPA* Validation & Closure service – Off Site(*Corrective Action & Preventive Action 是正措置および予防措置)
CAPA検証および完了確認サービス(オフサイト)(通常監査工数:平均0.5工数)

  • レビュー済みCAPAで合意された是正措置および予防措置を工場がどの程度まで完了/実施したか、明確な進捗状況をクライアントに提供することを目的としています。
  • サービスの範囲は、初期監査で見つかった不適合に限定されます。
  • 工場は、レビュー済みCAPAに記載されているとおり、必要な是正内容のエビデンスを電子メールでビューローベリタスに提出します。 これらのエビデンスは、証拠の完全性と正確性を確認した後、検証されます。各項目について、必要とされるすべての客観的エビデンスが検証されると、不適合は「CLOSED(是正完了)」と見なされます。

9. CAPA Validation & Closure service – On Site
CAPA検証および完了確認サービス(オンサイト)(通常監査工数:1工数)

  • レビュー済みCAPAで合意された是正措置および予防措置を工場がどの程度まで完了/実施したか、明確な進捗状況をクライアントに提供することを目的としています。
  • サービスの範囲は、初期監査で見つかった不適合に限定されます。
  • 監査員は、項目ごとにアセスメントツールで定義された評価方法に従い、エビデンスの収集、検証、再評価をすることで、是正措置および予防措置の実施状況を検証します。 各項目について、必要とされるすべての客観的エビデンスが検証され、再評価の結果がGreen評価となれば、不適合は「CLOSED(是正完了)」と見なされます。


消費財検査部門  山内 史子

 


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 消費財検査部門 消費財事業部
TEL:045-640-0661
お問い合わせフォーム

【ビューローベリタスのサービス】
消費財検査