News

米国消費者製品安全委員会(CPSC)が磁石の新しい連邦安全基準を承認

2022-10-25

2022年9月21日、米国消費者製品安全委員会(CPSC:the U.S. Consumer Product Safety Commission)は、磁石に関する新しい連邦安全基準16 CFR Parts 1112および1262を承認する議決を行いました。

小型で強力な磁石は摂取されると、体内組織を介して内部で相互作用し、特に子供や10代の若者に急性かつ長期的な健康被害や死亡につながる可能性があることから、CPSCは、単体または複数の強力な磁石の誤飲に伴うリスクに対処するための規則を発行しました。

この規則により、娯楽、ジュエリー(子供用のジュエリーを含む)、精神的刺激、ストレス解消、またはこれら複数を目的とし、設計、販売、または使用することを意図した、小さな磁石のパーツがある製品に対する要求事項が確立されました。
ただし、学校教育者・研究者・専門家・商業・産業従事者が教育・研究・専門・商業や産業目的で使用する場合に限り、販売または配布された磁石製品は対象に含まれません。

16 CFR 1501では、シリンダー内(小さな部品)に完全に収まるような製品の中に、緩くはめてあるか、取り外し可能な磁石は、磁束指数が50kG²mm²未満であるべきと定義されました。この磁束指数は、ASTM F963玩具安全基準に記載されている方法により決められています。
16 CFR 1501は、ASTM F963の対象となる玩具を免除しています。これは、同規格がすでに子供用玩具に関連する磁石の誤飲の危険性に対応しているためです。

この規則は2022年10月21日に発行され、これ以降に製造されたすべての磁石製品に適用されます。

消費財検査部門 お問い合わせ
お問い合わせフォーム