News

米デラウェア州が子ども用製品、布張り家具、マットレスの難燃剤使用を禁止

2022-09-27

2022年8月4日、米国デラウェア州でHB77法案にもとづく有害な難燃化学物質の使用を禁止する新しい法律が制定されました。本法律は2023年7月1日に施行されます。

  • 子ども用製品と住居用家具:
    0.1%の単体の難燃化学物質もしくは0.1%を超える複数の難燃化学物質の混合物を含んではならない。
  • マットレス:
    0.1%を超える単体の有機ハロゲンもしくは0.1%を超える複数の有機ハロゲンを含んではならない。

今回規制の対象となる難燃物質の代表的なものとしては以下のものが含まれます。

a. 2,3,4,5-テトラブロモ安息香酸2-エチルへキシル/2-ethylhexyl-2,3,4,5-tetrabromobenzoate(TBB)
b. アンチモン/Antimony
c. テトラブロモフタル酸ビス(2-エチルへキシル)/Bis(2-ethylhexyl)tetrabromophthalate(TBPH)
d. 塩素化パラフィン/Chlorinated paraffins
e. デカブロモジフェニルエーテル/Decabromodiphenyl ether
f. ヘキサブロモシクロドデカン/Hexabromocyclododecane(HBCD)
g. テトラブロモビスフェノールA/Tetrabromobisphenol A(TBBPA)
h. リン酸トリス(1,3-ジクロロ-2-プロピル)/Tris(1,3-dichloro-2-propyl)phosphate(TDCPP)
i. リン酸トリス(2-クロロエチル)/Tris(2-chloroethyl)phosphate(TCEP)
j. トリス(1-クロロ-2-プロピル)ホスファート/Tris(1-chloro-2-propyl)phosphate(TCPP)

有機ハロゲンは、炭素に結合したひとつ以上のハロゲン分子を含む化学物質の総称です。

子ども用製品とは、12歳未満の乳幼児と子どもが家庭内で使用することを意図した製品を指します。例として、ホロ付きゆりかご、チャイルドシート、おむつ替え用敷物、フロアプレイマット、ハイチェアパッド、乳幼児用バウンサー、乳幼児用抱っこひも、乳幼児用シート、乳幼児用ブランコ、乳幼児用歩行器、授乳パッド、授乳まくら、ベビーサークル付属パッド、プレイヤード、携帯式引っ掛けチェア、ベビーカー、マットレス、子ども用昼寝マットなどがあげられます。

布張り家具は、家庭やその他の居住スペースの室内で使用することを意図したもので、全体か一部がクッション性のある素材でできており、布やそれに似た素材で覆われたものを指します。

マットレスは、寝ることを想定した弾力性のある素材を詰めたもので、単独または他の製品と組み合わせて使用するものと規定されています。
16 C.F.R § 1632.1で規定する「マットレス」には、成人用マットレス、若年層マットレス、持ち運びできるものを含めたベビーベッド用マットレス、二段ベッド用マットレス、布団、ウォーターベッド、皮地と芯材のあいだに布張り素材を使用したエアマットレス、さらにはコンバーチブルのソファーマットレスやコーナーグループマットレス、デイベッドのマットレス、巻き上げ式ベッドのマットレス、ハイライザー、トランドルベッドのマットレスなどの布張り家具に使用されるすべての取り外し可能なマットレスが含まれます。本法律は以下のものには適用されません。

  1. 中古の布張り家具
  2. 中古のマットレス
  3. 公共の場所で公共の使用を目的に購入された布張り家具および張替えを行った布張り家具
  4. マットレスを縫い合わせるときに使用した糸や繊維
  5. 中古または新品の子ども用製品で以下のもの
    ア.自動車用、ウォータークラフト用、エアクラフト用その他の車両用として製造され家庭内での使用を想定していないもの
    イ.法令49 C.F.R. Part 571が適用される乗り物とエアクラフトに使用される部品と製品
  6. スポンジをのぞく成人用マットレスの部品
  7. 子ども用製品、マットレス、布張り家具の電子部品、または関連する電子部品の包装材、ケーシング
  8. 他州の以下のところへ配達するために倉庫内の車両や配送センターに移送した製品
    ア.倉庫や配送センターと所有者を同じくする場所への配達
    イ.他州で再販するために製品を取得する人への配達

ただし、これはカリフォルニア州での販売や流通の可能性のあるマットレスや布張り家具には適用されません。

法律の詳細については、下記をご覧ください。
HOUSE BILL NO. 77 AS AMENDED BY HOUSE AMENDMENT NO. 2

消費財検査部門 お問い合わせ
お問い合わせフォーム