mag_オフィスビル内階段

CASBEE-ウェルネスオフィスとWELLの比較

はじめに

新型コロナウィルスによりオフィスの在り方が大きく変容しているなか、建築物の健康認証がますます注目されています。その代表格である米国発祥のWELL認証と日本発祥のCASBEE-ウェルネスオフィス評価認証(*)(以下CAS-WO )を比較し、違いを見ていきたいと思います。

(*)《CASBEE-ウェルネスオフィス評価認証》はCASBEEの新しい認証ツールです。

建物の仕様・性能・取組が、建物利用者の健康と快適性の維持・増進をサポートすることはきわめて重要であり、本ツールはそのサポートの状況を評価します。加えて、オフィスで働く人々の健康と快適性に直接的に影響を及ぼす要素、知的生産性の向上に資する要因、安全・安心に関する性能も評価の対象としています。

 

対比表

  CASBEE-ウェルネスオフィス WELL
マーク
img_bvm2104_pcam_01
img_bvm2104_pcam_02
開発・運営管理団体 開発・運営管理:IBEC(一般財団法人建築環境・省エネルギー機構)
認証機関:IBEC(*1)
開発者:Delos
運営管理:公益法人 IWBI
評価機関:グリーンビルディング認証機関:GBCI
沿革 2019.05 先行評価認証受付開始
2020.11 先行評価認証受付(第4回))
2016.02 v1.0 開始
2018.05 v2.0 pilot 開始
2020.06 Health-Safty Rating 開始
2020.09 v2.0 開始
2020.12 v1.0、v2pilot 受付終了
対象用途 オフィス 全用途対象
登録認証数 30(認証数のみ) v1.0: 1,278
V2.0: 5,270
Health-Safty: 7,933
GRESB(*2)対応 組み入れ対象 組み入れ対象
評価方法 提出資料 アップロード資料+現地サンプリング
取組項目数 51(必須なし) 119(必須24+加点95)
ランク 5段階(S・A・B+・B-・C) 4段階(プラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズ)
有効期間 5年 3年
認証までの期間 数か月 数年かかることも
認証費用 第4回先行認証実績
280,000~900,000JPY
※先行認証は割引価格になっている
登録費:2,500USD
認証費:最低6,500USD
現場試験費:最低6500USD
(合計15,500USD:およそ170万JPY)

(*1)先行評価認証は、IBECが唯一の認証機関です。
(*2)GRESBとは、グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマークの略で、不動産セクターのESG配慮を評価する指標です。

 

表を見ると、大きな違いがCAS-WOの特徴ともいえます。

  • 対象用途
    CAS-WOは、現状オフィス用途に限られています。WELL v1.0でもオフィス用途限定でスタートしていますので、今後の用途展開に期待したいところです。
  • 評価
    WELLは書類と現場での審査で判定されますが、CAS-WOは資料のみで行われます。また採点にも大きな違いがあります。WELLは基準に達している場合のみ点が入りますが、CAS-WOはどの状態でも点が入る仕組みになっています。
  • 取組項目
    必ず要求事項をクリアしないといけない必須項目がCAS-WOにはありません。
  • ランク
    WELLでは40点以上の場合に、点に応じて4段階の認証が与えられますが、CAS-WOはどの点数でも認証が与えられます。

 

img_bvm2104_pcam_03
  • 取組項目数
    WELLは119ある項目数の中から100点満点になるように申請者が選択しますが、CAS-WOはすべての取組を確認する必要があります。
  • 有効期限
    WELLの有効期限が3年であるのに対し、CAS-WO は5年と長めに設定されています。また、WELLは3年の間に毎年計測データなどを報告する必要がありますが、CAS-WOには必要ありません。
  • 認証期間
    WELLは書類だけではなく現場でも審査があるため、建物竣工以降にもその期間が及びます。CAS-WOは書類のみのため、かかる期間が比較的短く済みます。
  • 認証費用
    現場審査もあるWELLは高めになります。

 

まとめ

建築物の健康認証、米国発祥のWELLと日本発祥のCASBEE-ウェルネスオフィス評価認証を比較すると、特に、用途・認証の基準・有効期間・認証費用に大きな違いがありました。

CASBEE-ウェルネスオフィスについては、現在はIBECのみの先行認証ですが、今後、評価機関でも認証できるようになる予定です。ビューローベリタスも認証業務に着手できるよう準備を進めております。

認証開始後は、実際に認証を行なったなかでの評価ポイントなどを紹介するなど、情報のアップデートを行なっていきます。

建築都市基盤事業グループ 技術監査事業部 玉川 冬紀

 


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 技術監査事業部
東京新橋事務所 TEL:03-6402-5977
お問い合わせフォーム

【ビューローベリタスのサービス】
WELL認証適合性検証
CASBEE®適合性検証