AdobeStock_489118724

家具、食器
ハードライン製品

良質で安全な製品を市場に届けるために

いわゆる「ハードライン製品」には、様々な規格・基準に基づく専門的試験や評価の実施を求められることが少なくありません。複雑なグローバル市場の中で必要な規格・基準を特定し、サプライチェーン全体の各プロセスで品質・安全を確保するためのサポートを通して、品質改善やより良いブランドイメージの確立、そしてクレームやリコール、不適合製品減少への取り組みを支えます。その結果、お客様は規格・基準に準拠していると自信をもって製品を市場に送り出すことが可能となります。

ビューローベリタスは、消費財サプライチェーン全体を対象に、製品試験・検査だけでなく、工場監査、社会的責任監査、トレーニング等にも対応いたします。お気軽にご相談ください。

対象製品

バッグ・旅行カバン、キャンドル、DIYグッズ、家具、家庭用品、台所用品、靴・皮革製品、アクセサリー、ジュエリー、幼児製品、包装、販促製品、原材料・部品、季節製品、スポーツ・キャンプ製品、文房具 等

おもな仕向国:ヨーロッパ、米国、 カナダ、 オーストラリア・ ニュージーランド、 アジア(日本含む)

おもな製品カテゴリ 

おもな品質試験・検査

家具

●安定性試験 ●耐久性試験 ●強度試験 ●静荷重試験 ●落下衝撃試験 ●疲労試験 ●耐腐食性 ●含水量 ●椅子張り生地燃焼性試験 ●燃焼性試験 等

サングラス

●透過率 ●耐衝撃性レンズ ●ブリッジの変形 ●発火耐性 ●耐久性 ●耐汗性 等

食器・
調理器具

●食洗機安全性試験 ●電子レンジ安全性試験 ●ハンドル強度/ハンドル疲労試験 ●焦げ付き防止加工の磨耗性試験 ●熱衝撃試験 ●食卓用金物類の強度 等

ジュエリー

●透過曲げ強度 ●ねじれ強度 ●耐圧強度 ●湿度の影響 ●落下試験 等

バッグ・
旅行カバン

●光耐色性試験 ●乾/湿摩性試験 ●接着強度試験 ●ファスナーの機能試験 ●縫い目強度 ●引張強度 等

キャンドル・キャンドルホルダー    

●燃焼試験 ●安定性試験 ●融点 ●燃焼性試験 ●熱衝撃 ●尖った先端/鋭角 ●ガラスのアニーリング効果に関する試験 等

家庭用装飾品

●尖った先端/鋭角 ●吊り強度 ●落下試験 ●安定性試験 ●湿度の影響 等

包装・輸送

●ISTA試験(1A/1B/1C/2A/2B/2C/2D/2E/3A/3B) ●圧縮試験 ●破裂強度試験 ●エッジクラッシュ試験 ●落下試験 ●積み重ね ●振動試験 ●サザランド型摩擦試験 等

文房具

●筆記用具・マーキング用具向けのキャップ ●安全キャップと延長ホルダー ●筆記性能 等

上記ハードライン製品全般

●FDA/EU/フランス/LFGB食品接触試験 ●CPSIA鉛含有量試験 ●カリフォルニア州プロポジション65試験 ●フタル酸類 ●フマル酸ジメチル ●REACH-SVHC試験 ●有機スズ ●カドミウム含有量 ●アゾ染料 ●ニッケル放射量 ●多環式芳香族炭化水素(PAH)含有量試験 ●ホルムアルデヒド含有量 ●包装及び包装廃材の有毒物 ●重金属試験 ●RoHS試験 等

 

取り扱い規格・基準

おもな仕向国

おもな取り扱い規格・基準

ヨーロッパ

EN、EMC、R&TTE、RoHS、WEEE&REACH、規定、指令 等

米国

ASTM、CPSIA、FDA、California Proposition、USP、TRA&FCC、CFR、CPSC、Public Law 等

カナダ

CHPA(Canada Hazardous Products Regulation)、CSA Standards、Glazed Ceramics and Glassware Regulations、ICES、RSS 等

オーストラリア・ニュージーランド  

AS/NZS、IEC 等

日本

食品衛生法に基づく検査、JIS 等

 

ビューローベリタスが選ばれる理由 

  • 世界最大級検査・認証機関として蓄積した知見と経験、グローバルネットワークがあります。消費財検査部門は、40ヵ国・120拠点の事務所・試験所(ラボ)から10,000人のスタッフがサービスをお届けします。製造拠点の最寄りの試験所(ラボ)で検査を実施し、貴社の時間およびコスト削減に寄与します。

    主要拠点
  • 有名ブランド、大手小売業、販売業者、製造業者への数十年以上にわたる実績があります。
  • 国内外の主要機関より60を超える認定・指定を受けています。
  • 国際的産業・規制・技術委員会へ積極的に参加しています。

検査のご依頼からレポート発行までの流れ

  1. 検査のご依頼の際には、弊社指定の検査依頼書と製品の部材表が必要となります。
  2. 検査を実施するラボがサンプルを受領し、精査してから検査がスタートします。検査スタートからレポート発行までの所用日数は食品衛生法の検査のみの場合は、通常8営業日(各ラボ所在国の土日祝日を除く)ですが、検査内容、サンプルの素材や色等によって異なります。詳しくはお問い合わせください。
  3. エクスプレスサービスもございます。お急ぎの方はお気軽にご相談ください(検査内容、サンプル、ラボによってはお受けできない場合もございます)。

製品別検査サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちらから
お問い合わせフォーム