shutterstock_632405753.jpg

公開トレーニング(有料)

“ライブ” の研修コースで、エッセンスを学ぶ

各種トレーニングはフェーズに応じて、基礎、規格解説、内部監査員コースをご用意しております。
全コース、オンラインで実施いたします。

2023年1月~5月のスケジュール

スケジュール(PDF)をダウンロードする

品質ISO9001

  • 基礎・規格解説コース

    【日程】4月14日

    ISO9001の基礎から規格の内容を解説するISO初心者向けの1日コースです。
    ISO9001とは? 何のためのツールなのか、何をすればよいのか? などの疑問を解決するとともに、初めて担当になったけれど何から始めてよいのかわからない、マネジメント側として基本事項を押さえておきたいという方にも適した内容です。
    また、内部監査員コースを受講する前に基礎・基本を理解しておきたい方にも有用なコースです。

    【金額】33,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

  • 内部監査員コース(初級)

    【日程】2月6-7日、3月13-14日、5月25-26日

    ※当コースはこれまでの内部監査員コースの後継として、コース名改めリニューアルしました

    ISO9001規格の理解から、監査の計画、実施、報告と一連のプロセスに沿った実例を基にした内部監査員養成のためのコースです。

    <このような方にお勧め>

    • これから内部監査員になられる方
    • 内部監査員になって年数の浅い初級者
    • 内部監査員に必要なISO 9001:2015規格の目的や構成を理解したい
    • 内部監査の目的や必要性、内部監査員としての基礎をしっかり学びたい

    【コースプログラム】

    • ISO9001:2015規格要求事項の理解
    • 監査の原則
    • 内部監査のPDCA
    • 内部監査とプロセスアプローチ
    • 監査のリスクと機会の理解
    • 適合性から有効性へ
    • 組織にとって役立つ監査とは

    【金額】66,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

内部監査員スキルアップコース(上級) ※準備中のため、決定次第掲載いたします
<予告>

このような方にお勧めのコースとして構築中です。

  • 内部監査員経験が3年以上
  • ISO事務局、またはマネジメントシステム運用の経験が3年以上
  • 内部監査実務に於いて、課題を抱えている(マンネリ化、指摘事項が出ない、改善が進んでいない等)
  • 内部監査員のスキルをさらに向上させたい方

 


 

ISO9001事務局の基礎知識と実務コース

  • コースのご説明

    【日程】3月9日、5月10日

    事務局へ異動された方
    内部監査のマンネリ化に悩んでいる組織の方
    事務局をさらにパワーアップさせたい組織の方

    【金額】33,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

 


 

環境ISO14001

  • 基礎・規格解説コース

    【日程】4月7日

    ISO14001の基礎から規格の内容を解説するISO初心者向けの1日コースです。
    ISO14001とは? 何のためのツールなのか、何をすればよいのか? などの疑問を解決するとともに、初めて担当になったけれど何から始めてよいのかわからない、マネジメント側として基本事項を押さえておきたいという方にも適した内容です。
    また、内部監査員コースを受講する前に基礎・基本を理解しておきたい方にも有用なコースです。

    【金額】33,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

  • 内部監査員コース(初級)

    【日程】2月20-21日、4月24-25日

    ※当コースはこれまでの内部監査員コースの後継として、コース名改めリニューアルしました。

    ISO14001規格の理解から、監査の計画、実施、報告と一連のプロセスに沿った実例を基にした内部監査員養成のためのコースです。

    <このような方にお勧め>

    • これから内部監査員になられる方
    • 内部監査員になって年数の浅い初級者
    • 内部監査員に必要なISO 14001:2015の目的や構成を理解したい
    • 内部監査の目的や必要性、内部監査員としての基礎をしっかり学びたい

    【コースプログラム】

    • 環境とは
    • ISO14001規格要求事項の基本
    • 監査の原則
    • 内部監査のPDCA
    • ライフサイクルの視点
    • 監査のリスクと機会の理解
    • 適合性から有効性へ
    • 組織にとって役立つ監査とは

    【金額】66,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

内部監査員スキルアップコース(上級) ※準備中のため、決定次第掲載いたします
<予告>

このような方にお勧めのコースとして構築中です。

  • 内部監査員経験が3年以上
  • ISO事務局、またはマネジメントシステム運用の経験が3年以上
  • 内部監査実務に於いて、課題を抱えている(マンネリ化、指摘事項が出ない、改善が進んでいない等)
  • 内部監査員のスキルをさらに向上させたい方

 


 

労働安全衛生ISO45001

  • 規格解説コース

    【日程】5月18日

    本コースは、下記のような方々に最適です。

    1. 労働安全衛生マネジメントシステムの概観を整理したい。
    2. ISO規格となった労働安全衛生マネジメント システムの規格要求事項を知りたい。
    3. リスクアセスメントの手法やメンタルヘルスの 取り組みに関する知識を広げたい。
    4. 審査制度についてISO9001やISO14001との 違いを知りたい。

    【コースプログラム】

    • 労働安全衛生への国際的動向と日本の取り組み
    • 法令要求事項の概要
    • ISO45001:2018 の規格要求事項
    • リスクアセスメント概論
    • メンタルヘルス及び健康について

    【金額】33,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

  • 内部監査員 養成コース

    【日程】2月8-9日、4月11-12日

    本コースは、下記のような考えをお持ちの方のための コースです。

    1. 労働安全衛生マネジメントシステムの導入方法を知りたい。
    2. 他のマネジメントシステムとの関係を整理したい。
    3. リスクアセスメントについて詳しく知りたい。
    4. 労働安全衛生特有の内部監査のポイントを  知りたい。

    【コースプログラム】

    • 労働安全衛生概要
    • ISO45001:2018 の規格要求事項
    • 労働安全衛生マネジメントシステム構築の手引き計画
    • 危険源の特定、リスクアセスメント目標、マネジメントプログラムの作成
    • 労働安全衛生マネジメントシステム構築の手引き実施・運用
    • 監査の手引き
    • 事例研究
    • 理解度テスト

    【金額】66,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

 


 

情報セキュリティISO/IEC27001

  • 規格解説コース

    【日程】5月30日

    情報は守るためにある(機密性)という発想だけでは、情報セキュリティを満たすことはできません。
    「守ることは目的ではなく、目的は別のところにある」という情報セキュリティの哲学を理解していただくため、そして何をすべきかということを会得していただくため、情報セキュリティマネジメントシステムの骨格を十分にお伝えします。

    【コースプログラム】

    • 規格の概要と組織にとってのメリット
    • リーダーシップの役割と経営コミットメントの獲得
    • リスクと機会に対処するための活動
    • ISO27001を実装し、既存のシステムと統合する手順
    • パフォーマンス評価による継続的改善
    • ワークショップの整理と評価

    ※2022年版に関する内容もお伝えする予定です。

    【金額】33,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

  • 内部監査員 養成コース

    【日程】4月19-20日

    ISO27001規格の理解から、監査計画、実施、報告と一連のプロセスに沿った実例を基にした内部監査員養成のためのコースです。 ISO27001内部監査員、マネジメントシステム構築担当者および管理責任者にも有用なコースです。

    【コースプログラム】

    • 情報セキュリティマネジメントシステムの概要
    • リスクアセスメントの手法
    • 規格要求事項(本文及び詳細管理策)
    • 個人情報について
    • ISO27001認証審査システムについて
    • 内部監査の進め方
    • 事例研究
    • 理解度テスト

    【金額】66,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

 


 

自動車セクターIATF16949

  • 規格解説コース

    【日程】3月3日

    自動車産業マネジメントシステム規格:IATF16949:2016は、そのベースとなっているISO9001:2015に、自動車産業としての具体的なシステム要求事項を追加したものです。
    特徴的な要求事項として、ISO9001にはない「効率」面や、「工程設計」、具体的な手法としてのFMEAやコントロールプランの適用、測定システム解析(MSA)や外部、内部の試験所の管理等々を、単なる規格の解説ではなく受講者の実務と結びつくように解説します。

    【コースプログラム】

    • 自動車産業の用語及び定義
    • 4項:組織の状況
    • 5項:リーダーシップ
    • 6項:計画
    • 7項:支援
    • 8項:運用
    • 9項:パフォーマンス評価
    • 10項:改善

    【金額】38,500円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

 


 

ISO22716(化粧品GMP)

  • 内部監査員コース

    【日程】2023年の日程は決まり次第掲載します

    化粧品GMP(優良製造規範)は化粧品に関する欧州の新たな規制の中で重要な位置を占めており、欧州化粧品指令では消費者の安全確保を目的としたハイレベルな法的要求事項が定められ、欧州市場で流通する化粧品全てがISO22716に示される化粧品GMPに準じて製造されなければならないとしています。
    本コースはISO22716の規格内容を深く網羅し、内部監査員を養成するためのコースです。
    受講により、要求事項の概要の理解、実務的な運用、適切な内部監査と認証維持が可能となります。

    【コースプログラム】

    1. コースの概要
    2. ISO22716(化粧品GMP)の基礎について
    3. ISO22716:2007の規格解説
    4. 内部監査について
    5. 演習
    6. 理解度テスト

    【金額】66,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

 


 

食品FSSC22000 Ver.5.1

  • 規格解説コース

    【日程】4月21日

    食品サプライチェーン組織を対象とした食品安全マネジメントシステムを導入するにあたり、食品安全マネジメントシステムとはどのようなものか、HACCPの基礎知識を含めFSSC22000の規格の特徴や要求事項のポイントなどをわかりやすく説明し疑問にお答えするコースです。またISO22000部分の規格解説については、2018年版に対応しています。
    ※最新版のFSSC22000 食品製造 Ver.5.1の内容をお伝えいたします。

    【コースプログラム】

    • FSSC22000 Ver.5.1の特徴
    • FSSC220000 Ver.5.1の規格の概要
    • FSSC22000 Ver.5.1の要求事項の解説
    • ISO22000の2018 の解説
    • 食品安全マネジメントシステムの概念、適応範囲、方針と目標
    • 認証取得までの構築手順
    • 認証審査

    【金額】33,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

  • 内部監査員コース

    【日程】5月11-12日

    【概要】

    • FSSC22000 Ver5.1内部監査員に必要な知識と監査ポイントを習得します。
    • 食品安全のための日常の自主点検における管理ポイントを学び、食品事故の予防につながる監査の技法を身につけます。

    【特徴】

    1. FSSC22000 Ver5.1の目的、意図、監査のポイントを専門家が分かりやすく解説します。
    2. 内部監査の流れ、目的、監査技法、内部監査員の役割を2日間を通じて学ぶことができます。
    3. 模擬監査をはじめ、受講者自身が主体的に活動できる参加型プログラムです。

    【コースプログラム】

    • 食品安全規制強化とFSMS
    • ISO22000の特徴と概要
    • ISO22000:2018規格要求事項の俯瞰と演習1
    • ISO/TS22002-1:2009 規格要求事項の着眼点
    • FSSC22000 Ver.5.1 追加要求事項の俯瞰
    • 監査の手引き-監査の実施、監査の報告、フォローアップ
    • 演習の実施 (グループ討議含む)
    • 修了テスト

    【金額】66,000円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

 


 

JAS認証

  • 有機JAS講習会

    【日程】2月17日、3月23日、4月26日

    「日本農林規格」や「認証の技術的基準」など、有機JASに求められる基準を分かりやすくご説明いたしますので、認証に係わりのある方はもちろん、 営業担当など認証に直接係わりのない方にも受講をお勧めいたします。
    ※生産行程管理責任者、小分け責任者、受入保管責任者、格付担当者/責任者、格付表示担当者/責任者は、受講が義務付けられています。

    【金額】16,500円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

    ※当講習会は2023年5月より「有機JAS講習会(外国格付の内容含む)」へ統合されます。

  • 有機JAS 外国格付の表示業者講習会

    【日程】3月10日

    有機同等性を利用して輸出される有機製品に米国・カナダ・EUの有機制度で定められているロゴマーク(外国格付の表示)を付す場合、登録認証機関から認証を受けることが必要となります。
    当講習会では、外国格付の表示業者として認証を受け、管理運営していただくための「日本農林規格」や「認証の技術的基準」など、有機JASに求められる基準を分かりやすくご説明いたします。

    <本講習会の必須対象者>
    有機食品に外国(米国、カナダ、EU)の有機マークを使用し輸出をする者
    ※受入保管責任者、外国格付の表示担当者/責任者は受講が義務付けられています。

    【金額】7,700円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

    ※当講習会は2023年5月より「有機JAS講習会(外国格付の内容含む)」へ統合されます。

  • 有機JAS講習会(外国格付の内容含む)

    【日程】5月24日

    「日本農林規格」や「認証の技術的基準」など、有機JASに求められる基準を分かりやすくご説明いたしますので、認証に係わりのある方はもちろん、営業担当など認証に直接係わりのない方にも受講をお勧めいたします。

    ※生産行程管理責任者、小分け責任者、受入保管責任者、格付担当者/責任者、格付表示担当者/責任者、外国格付の表示担当者/責任者は受講が義務付けられています。

    【コースプログラム】

    • JAS法
    • 日本農林規格
    • 認証の技術的基準

    【金額】19,800円(税込/テキスト代込)

    詳細・お申し込みはこちら

    ※当講習会は2023年4月まで開催の「有機JAS講習会」の内容に、「有機JAS 外国格付の表示業者講習会」の内容を加え一本化したものです。

 


 

インハウス講師派遣型

  • 詳細

    インハウス講師派遣型: 講師派遣の流れ
      【 講師派遣の流れ 】

    講師派遣型では、公開研修の内容をご希望の日時・場所・開催形式(対面、オンライン、対面とオンライン混合のハイブリッドなど)にて実施することが可能です。認証機関であるビューローベリタスの講師だからこそ、現場で起こっている問題や要求事項の誤った解釈などを、事例を織り交ぜながら説明しますので、初めてマネジメントシステムに携わる方にもわかりやすいとの評判をいただいております。 詳細をご案内いたしますので、ぜひお問い合わせください。

    メールで詳細を確認・依頼する

 


 

2023年1月~5月のスケジュール

スケジュール(PDF)をダウンロードする

お見積り依頼はこちらから
お見積り依頼フォーム

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部