outdoor-3344529_1920_0.jpg

MSC
(天然水産物)

MSCのフライヤーを
ダウンロード

水産物の需要は世界的に増加している一方、水産資源の危機は深刻化しています。
MSC(海洋管理協議会)は、減少傾向にある漁業資源の回復のサポートと、持続可能な漁業・水産物の普及を目指して設立されました。同協議会では、グローバルに利用される基準・認証制度として、①MSC漁業認証と②MSC CoC認証の運用・普及を推進しています。


MSC漁業認証とは~ソリューション

MSCの漁業認証は、持続可能で適切に管理され、環境に配慮した天然漁業を認証する制度です。認証単位は魚種・漁法・水域・漁船で、以下の3原則に基づく「持続可能な漁業のための原則と規準」に合致した漁業に認証が付与されます。

  1. 資源の持続可能性
  2. 漁業の生態系への影響
  3. 漁業の管理システム

MSC CoC認証(MSC流通加工管理認証)とは~ソリューション

MSC CoC認証は、MSC認証を受けた水産物が認証されていない水産物と混じることなく消費者に届くことを目的とした認証であり、水産物のサプライチェーンにおいて、当該水産物の所有権をもつすべての関係者が、漁獲直後から加工・流通を経て最終製品として包装されるまでの全てがチェーンで繋がっていることを保証する制度です。
トレーサビリティ確保のため、 以下が求められます。

  1. 認証取得サプライヤーからの購入
  2. 認証製品の識別
  3. 認証製品の分別
  4. 追跡可能、 重量記録
  5. 管理システムの保持

ビューローベリタスは、ASI(Accreditation Service International)により認定を受け、MSC認定認証機関として全世界でMSC漁業認証ならびにCoC認証の審査を実施しています。

組織にとってのメリット

  • 適切な資源管理による安定した原料調達
  • トレーサビリティのしくみ構築によるリスクの軽減
  • 世界市場に通用する製品付加価値による差別化
  • 本業でCSRの実現とSDGs(持続可能な開発目標)への貢献
  • 企業イメージの向上

MSCエコラベル

一般の消費者は、店頭に並んだMSCエコラベルが貼付してある製品をMSC漁業認証された水産物と認識します。従って、ラベルの誤用(非認証魚類のへ貼付や表示)は、本認証制度の信頼性を根底から覆すことになりかねません。そのため、ラベル管理の厳密性が求められます。
水産物製品にMSCエコラベルを表示するためには、MSC CoC認証を取得し、MSCの商取引を担当するMSCインターナショナル(MSCI)とエコラベル使用ライセンス契約を結ぶ必要があります。
詳細は、MSCホームページ「MSCエコラベルを使用したい」をご覧ください。

MSC(海洋管理協議会)とは

MSCとはMarine Stewardship Councilの略称で、日本では海洋管理協議会として活動しています。「減少傾向にある世界の水産資源の回復」を目指して1997年に設立された国際的非営利団体で、英国ロンドンに本拠を置き、日本事務所は2007年5月に開設されました。
主な活動は以下の通りです。
・MSC認証とエコラベル付き製品の普及
 -持続可能な漁業・水産物に関する原則・基準の設定・管理
 -厳格な原則・基準に即したMSC漁場認証の普及
 -認証水産物を分別するMSC CoC認証の普及
・その他の活動
 -開発途上国におけるMSC認証の普及
 -海の環境問題に関する子供たちへの教育活動

* 参考ホームページ  WWFジャパン~MSCについて

ビューローベリタスが選ばれる理由

  • ネットワーク
    140ヶ国1,500の拠点、ビューローベリタス各国が持つノウハウを共有
    お客様が展開する国内外の事業ネットワークをカバー
  • 認証実績
    100,000社以上の企業に対する認証実績
  • ワンストップ審査
    各規格の審査の一貫性、最適化、効率化を実現

MSC漁業認証/MSC CoC認証(MSC流通加工管理認証)~お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
TEL:045-651-4785(代表) FAX:045-641-4330