iStock-1190336132_resized.jpg

Whitepaper

ホワイトペーパー
カーボン排出量の削減、透明性の証明

May. 26 2021

気候変動の危機は2020年代の最重要な課題となるでしょう。カーボン排出量を削減するための、より大きな努力を求める要求の高まりに直面している世界中の政府・企業・組織に対し、すべての目が向けられています。

パリ協定は、世界の気温上昇を2℃未満に抑え、さらに1.5℃に維持するための努力を追求しています。研究によると、この目標を達成し、気候への最悪の影響を回避するには、2030年までに炭素排出量を半分にする必要があります。

カーボン排出量の削減、透明性の証明

この緊急の状況に対応して、カーボンニュートラルやネットゼロの目標など、野心的な目標を設定する企業が増えています。
これは、可能な限り排出量を削減し、さらに残りの排出量を同等のオフセットで補うことを意味します。

この白書では、企業が受ける主な影響を考慮し、脱炭素化のためにどのような対策をしているのか、報告システム監査とデータ検証が企業の炭素目標の実現にどのように役立つかを検証します。

※ 2021/05/07 certificiation.bureauveritas.comに掲載された Carbon white paper(英語)

ホワイトペーパー“カーボン排出量の削減、透明性の証明”(日本語抄訳)ダウンロード

ダウンロードURLをメールでお送りします。