News

EEXI規制関連についての概要をまとめたBV WHITE PAPER を発行

Jul. 21 2021

先月のMEPC 76で採択されたとおり、2023年1月1日以降最初のIAPP定期検査までに、国際航海をする400GT以上の船舶にはEEXI規制およびCII規制への合致が要求されます。EEXI・CII とも1トンの貨物を1海里運ぶ航海において各船舶から排出されるCO2量を、計算式または実測値を用いて算出するものです。

第一段階として、その船固有の計算EEXI値が要求値以下であるかを確認し、要求値を超えている場合、要求値以下まで下げる対策の導入が求められます。その対策として最も一般的なのは主エンジンの出力制限であり、その他の対策として、船体やプロペラなどの形状最適化や自然エネルギーの導入などがあります。第二段階として、IMOに報告される燃費実測値を用いたCII規制による船舶のランク付けが2024年から始まります。2023年は実測値を得るための1年となりますが、その前にCII 値の算出および燃費報告手順などを追記したSEEMP(エネルギー効率管理計画書)が承認されていなければなりません。2024年からはCII基準値と実測値との差による各船のランク付けが毎年行われますが、ランクはAからEまであり、Eランクとなった船や3年続けてDランクとなった船は、翌年までに是正措置を行わなければなりません。

EEXI規制およびCII規制の概要は、ビューローベリタスが発行したWhite Paper および、実施済みウェビナーの録画をご参照ください。またメールでもご遠慮なくお問い合わせください。

EEXI規制関連についてのWHITE PAPERはこちら

EEXI規制関連についてのウェビナー録画 ” PREPARING THE FUTURE EEXI & CII: A POST MEPC 76 REVIEW “ はこちら