News

船舶のサイバーレジリエンスに関する新しいIACS統一規則が発行

2022-05-23

船舶のサイバーレジリエンスに関する以下の新しいIACS統一規則(UR)が発行されました。新造船のサイバーレジリエンスと搭載システムおよび機器のサイバーセキュリティに関する最小限の目標ベースの要件を提供します。どちらも2024年1月1日以降に建造契約を締結する船舶に適用されます。

  • UR E26 : Cyber resilience of ships – 新規規則 2022年4月版
    船舶の設計から運用寿命までの間に、運用技術(OT)と情報技術(IT)の両方の機器を船舶のネットワークに安全に統合することを目的としています。船舶をサイバーレジリエンスを強化する一つの集合体とし、機器の識別、保護、サイバー攻撃の検出、対応、および回復の5つの主要な要素をカバーしています。
  • UR E27 : Cyber resilience of on-board systems and equipment - 新規規則 2022年4月版
    サプライヤーによるシステムの整合性の確保および強化を目的としています。この規則ではオンボードシステムと機器のサイバーレジリエンスの要件、オンボードのユーザーとシステムの間でのインターフェイスに関連する追加の要件、および実装の前段階での新しいデバイスの設計と開発の要件を提供します。

船舶のサイバーレジリエンスに関する新しいIACS統一規則のダウンロードはこちら