消費財

CPSCがベビー用品の直接最終規則を公開

Oct. 10 2019

米国消費者製品安全委員会(以下、「CPSC」)は、2019年の秋から年末にかけて発効するいくつかのベビー用品に関する直接最終規則を公開しました。

この背景には、消費者製品安全性改善法(以下、「CPSIA」)の第104条に“乳幼児向け製品の安全基準と消費者登録の規定”があるためです。この規定は、十分に安全を確保することができる耐久性のある乳児および幼児用品を消費者に提供するため、CPSCに対して安全規格を発行するよう求めています。

これらの規格は適用可能な自主基準と実質的に同等、もしくは(より厳しくした方が将来起こりうる製品不良によって乳幼児が怪我をするリスクを低減させるとCPSCが判断した場合には)より厳格化された基準です。CPSCはこの規格を直接最終規則として、前述の第104条に従って発行しています。

各製品の詳細は、連邦官報で公布される連邦規則(以下、「CFR」)を参照する必要があります。さらにCFRはASTM規格を参照するケースが多く見受けられます。ASTM規格とは米国試験材料協会が策定している自主基準です。この規格自体は任意規格ですが、数多くの法令に参照されているため、実質強制適用となっています。法令には修正なしで全文適用される場合と、一部を修正または部分的に参照される場合があります。

直接最終規則は最終規則となる前の段階で一定期間一般に公開され、その期間中に特に不利なコメントが寄せられなければ、予定されている発効日から有効となります。もし何か反対表明が寄せられた場合は、当該規則を“提案規則”として再公開し、“notice-and-comment”のルール制定の手続きを取らなくてはなりません。

2019年10月から12月にかけて発効予定の乳幼児用品の直接最終規則

(1) フルサイズベビーベッド
フルサイズベビーベッド

16 CFR 1219は、2011年6月28日に発効し、ASTM F1169-2010を2か所修正して参照していましたが、2013年版ではCFRが参照していると認められていた2つの検査を明確化しました。ASTM F1169-2019年版では、ほぼ変更はなく、文言の修正と明確化のみの変更となります。

ASTM F1169-2019 フルサイズのベビーベッドのための標準消費者安全性能仕様(英語)

フルサイズのベビーベッドの直接最終規則全文(英語)

(2) 乳母車およびベビーカー
乳母車およびベビーカー

2019年版ASTM F833は、トレイ(かご・シート)・ハンドル・幌カバーなどのパーツについて要求事項が追加され、文言にもいくつか修正がありました。

 ASTM F833-2019 乳母車やベビーカーのための標準消費者安全性能仕様(英語)

 乳母車およびベビーカーの直接最終規則全文(英語)

(3) 乳幼児バウンサーシート
乳幼児バウンサーシート

16 CFR Part 1229の以前のバージョンでは、ASTM F 2167-2017を4か所修正して参照していましたが、ASTM F2167の2019年版では、当初最終規則に指定されていた4つの修正の追加を含む多くの改訂がされています。

ASTM F2167-2019 乳幼児バウンサーシートの標準消費者安全性能仕様(英語)

乳幼児用バウンサーシートの直接最終規則全文(英語)

ビューローベリタスでは、上記のASTM規格の検査をはじめ、米国マーケット向けの検査のご依頼を常時承っております。製品や材料検査などをご検討の際には、お申し込みをご検討されている製品の画像および材質情報をお寄せいただければ、検査費用および検査サンプル数をお見積もりいたします(無料)。まずはお気軽にお問い合わせください。

消費財検査部門  坂倉 晴子

 


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 消費財検査部門 消費財事業部
TEL:045-640-0661
お問い合わせフォーム

【ビューローベリタスのサービス】
消費財検査