Newsroom / News

ビューローベリタスISO21434認証機関として認定

2023-01-20

ビューローベリタス消費財検査部門はイタリアの政府指定認定機関AccrediaよりISO21434認証機関として認定されました。
ビューローベリタスはこのAccrediaよりUN-R155・UN-R156のテクニカルサービスとしての認定も受けており、これまでのキプロス当局からの認定に加え、サービスを強化しております。
同規格に対し、このたび、認証書を中国の高度運転システム・シャーシのメーカー、Lianchuang Auto社(中国)に発行しました。

ビューローベリタス中国自動車部門統括責任者石荣洲(左)とLianchuang社チーフエンジニア罗来军氏(右)

ビューローベリタス中国自動車部門統括責任者石荣洲(左)とLianchuang社チーフエンジニア罗来军氏(右)

自動車のコネクテッド化に伴うサイバーセキュリティの脅威の拡大とOTA技術の普及を受け策定された2つの法規、自動車のサイバーセキュリティUN-R155とソフトウェアのアップデートUN-R156は、日本で先行して導入されているほか、EUでも2022年7月に新型車を対象に義務化がスタートしています。

また、UN-R155の要件に準じてセキュリティの対策を製品とプロセスに実装していく上でのガイドラインとなるのが、開発から生産、アフターセールスまで自動車のライフサイクル全般を通してサイバーセキュリティの対策を定めたISO21434です。サプライヤーは同規格の認証を取得することでOEMに対し自社製品のセキュリティを担保できます。
ビューローベリタスはUN-R155、R156、ISO21434の3つの自動車向けサイバーセキュリティ認証サービスを単一の認証機関としてご提供することが可能となっています。

ビューローベリタス消費財検査部門サイバーセキュリティ事業統括責任者のPascal LeRayは「自動車のコネクテッド化が一層進む中、車載のセキュリティの確保は自動車業界のお客様にとって喫緊の課題です。今回の認定で、自動車業界のお客様に対し、より充実したサイバーセキュリティのサービスの提供が可能となり、お客様のサイバーセキュリティの試験と認証への対応を適切にサポートできます。」と語っています。

原文:BUREAU VERITAS ACCREDITED AS ISO 21434 CERTIFICATION BODY(英語)