IBR(Indian Boiler Regulation 1950)〜改訂のポイント(IBR Form IV / Appendix J / Reg. 290)

2015/12/8up

2015年8月26日に、IBR(Indian Boiler Regulation 1950)の改訂版が公表されました。
今年2度目となった大幅な改訂の要点・概要をお知らせします。


1. Form IVの改訂
Pipe, Tubeを、Raw Material(Billet, Ingot, Bloomなど)から製造する場合、そのRaw Materialに対して、製造者がこのForm IVを発行する必要があります。
但し、そのRaw materialを使用してPipe,Tubeを製造するなどの次工程がある場合は、その製品に対してForm IVで要求されている機械試験(Physical property test)が実施されるため、Raw Materialに対する機械試験は不要となります。
発行されるForm IVには、Form IV雛形の原文を全て残した上で、機械試験結果などを記載下さい(原文の文言を削除しないようご注意下さい)。


2. Appendix Jの改訂
Appendix Jのタイトルに、"Inspecting and Testing of Boilers, Boiler Components and other parts during manufacturing"とあるように、ボイラーを製作する際の素材(Pipe, Tube, Valveなど)から構成部品(Header, Drum)の検査項目とその時期が定められています。

特に影響が大きいのは、D (I) Steel Makers Worksと思われます。
その要求事項は以下の3項目となります。
(i) Checking of the chemistry of steel as per regulations
(ii) When ready for non-destructive examination and selection of mechanical test specimen after heat treatment
(iii) Testing final examination and stamping


3. Regulation 290の改訂
今回の改訂で唯一緩和されたRegulationで、Valveに関するものです。
バルブの弁本体(Chest)、蓋(Bonnet)は、Working Pressureの2倍の圧力で耐圧試験をすることが要求されていましたが、今回の改訂で1.5倍に引き下げられました。


改訂の詳細、及びFormダウンロードはこちら (Indian Boiler Regulations - 1950 Website)
--->>> List of Amendments
--->>> IBR Forms


業務ご案内
--->>> IBR(インド向けボイラーの検査・認証)


IBR(インド向けボイラーの検査・認証)〜お問い合わせ

*お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社 産業事業本部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
TEL:045-641-4219 FAX:045-641-7992
*お問い合わせフォームもご利用下さい。
 

TEL:045-641-4219

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース