世界最大のコンテナ船「CMA CGM Marco Polo」号がビューローベリタスに船級登録

2012/12/12up


世界最大のコンテナ船「CMA CGM Marco Polo」号がビューローベリタスに船級登録されました。

「CMA CGM Marco Polo」号は、世界有数の海運・コンテナ運送会社CMA-CGM(フランス)が、韓国の大宇造船海洋(Daewoo Shipbuilding and Marine Engineering:DSME)に発注、建造されました。偉大な探検家にちなんで命名された本船は同型船3隻の第1号となるもので、残りの2隻については、2013年に完成の予定です。

この巨大コンテナ船は全長がほぼ400メートル、幅が50メートル超で、16,000TEU(*)のコンテナを積載可能です。2番目に大きいクラスのコンテナ船との比較では積載量が、約8%多くなります。
(*1)TEU:Twenty foot Equivalent Units(20フィートコンテナ換算)

ビューローベリタスは、「CMA CGM Marco Polo」号のスプリンギング/ホイッピングといった波浪中弾性応力が船体構造強度に及ぼす影響を調べるために大規模な計算を行ないました。その結果、船級符号WhiSP2が認められました。

世界最大のコンテナ船「CGM Marco Polo」号の船級登録を実施

船級業務について
船舶及び船用機器類を対象に、特定のルールや規格への適合性を検証する船級業務はビューローベリタスの主要な活動の一つです。2012年9月30日現在、旗国政府の代理としての、または、健康・安全、及び環境に関わる適合性認証サービスを含む船級業務は、グループ全体の売り上げの8%を占めています。


・"Bureau Veritas classes the world’s largest containership" (Bureau Veritas Global Website)
・船級 業務ご案内
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース