ビューローベリタスは国内初のドローンサービス事業所としてテクノス三原株式会社を認定

2019/1/24up

2019年1月、ビューローベリタスはドローンサービス事業所としてテクノス三原株式会社を認定しました。ドローンサービス事業所とは船舶検査(主に精密検査)の代替手法(*)のひとつとしてドローンを使用するサービスが提供できる事業所であり、ビューローベリタスとしては日本国内初(世界で4社目)の認定となりました。

ドローンなどの遠隔操作技術を利用した検査はIACSで議論が続けられ、2016年6月にIACS Rec.42 “Guidelines for Use of Remote Inspection Techniques for surveys”が改正(Rev.2)され、今年1月にはIACS統一規則 UR Z17 “Procedural Requirements for Service Suppliers”の改正(Rev.13)も発効されました。今回の認定はこのIACS Rec.41およびIACS UR Z17に基づいたものです。

ビューローベリタスでは2019年1月よりドローンなどの遠隔操作技術を利用した検査を許可しており、この検査はビューローベリタスが認定したサービス事業所により実施されることが要求されます。

(*)潜水ロボット、無人ロボットアーム、無人潜水機、壁面走行ロボット、ドローンなどの遠隔操作技術(Remote Inspection Technics)

テクノス三原株式会社様提供写真

テクノス三原株式会社様提供写真

 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書pdf

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース