Business Vision

SRRC認証

PDF版はこちら PDF

前号までのFCC認証CEマークに続き、今号では中国における無線認証、SRRC認証についてご紹介します。

中国に輸入、あるいは中国国内で販売・製造される無線設備は、「中華人民共和国無線電波管理条例」に基づき、中華人民共和国工業情報化部(MIIT:Ministry of Industry and Information Technology)の型式認証であるSRRC認証(SRRC:State Radio Regulation Committee)を取得することが必要となります。

Bluetooth、WLAN、NFC、GSM/WCDMA/CDMA/TD-SCDMA/LTE端末などの通信機器が規制対象となり、SRRC認証取得では、MIITの認定する中国国家試験機関であるSRTC(SRTC:The State Radio monitoring center Testing Center)で試験実施、および試験レポートが作成され、審査後に認可証が発行されます。また、製品に認証番号を表示する必要があります。

SRRC認証試験では、以下の規格に基づいて試験が行われます。

RF GSM YD/T 1214-2006
YD/T 1215-2006
3GPP TS 51.010-1
WCDMA YD/T 1548.1-2009
3GPP TS 34.121-1
TD-LTE 工信部无[2012]436 号
3GPP TS 36.521-1
FDD-LTE 工信部无[2012]436 号
工信部无函[2015]135
工信部无函[2015]136 号
3GPP TS 36.521-1
2.4GHz WLAN/
Bluetooth
信部无[2002]353 号
ETSI EN 300 328 v1.7.1
RSE GSM GB/T 22450.1-2008
3GPP TS 51.010-1
WCDMA YD/T 1595.1-2012
TD-LTE YDB 086.1-2012
工信部无函[2014]574 号

SRRC認証取得手続きについて-

MIITは、2018年10月19日に認証取得手続きと認証費用に関する新しい規則を発表しました。

SRRC認証取得手続き#1:申請アカウント作成

  • Webサイトから申請(申請者は代理店ではなく製造業者の名前で申請する必要があります)
  • 約5営業日でアカウント作成が完了(アカウント申請内容に問題がない場合)

#2:SRRC認証申請

  • SRRC認証申請に必要なドキュメントの作成/準備
  • Webサイトから申請し(この際に試験を実施するSRTCを選択することが可能)

#3:SRTCの決定

  • 試験を実施するSRTCが決定
  • SRTCへ試験サンプルを送付

#4:試験実施

  • 試験のリードタイムは約5〜10営業日
    但し、SRTCが繁忙期の際は、10営業日以上かかる可能性があります

#5-1:認可証の発行

  • 全ての試験が合格した後、約30営業日で認可証が発行

#5-2:再申請

  • 試験が不合格の場合、SRTCへ試験費用の支払いが発生
  • 再申請に際して、初回と同一モデル名の場合は1ヶ月間再申請が不可

#6:契約書の提出

  • 認証取得した製品が正式に中国で販売されることを証明するため、認可証発行後6か月以内に、中国法人との売買契約書およびその他の書類提出が必要となります 申請アカウント作成 SRRC認証申請 SRTCの決定 許可証の発行 再申請 契約書の提出 試験実施 #1 #2 #3 #4 #5-2 #6 #5-1 新しい認証取得手続きでは、試験で不合格を発生させないことが費用およびスケジュールの観点で重要となります。

ビューローベリタスの取り組み-

ビューローベリタスでは、プロジェクト終盤における認証取得フェーズでのスケジュールに対するインパクトを最小限にするためにも、プレ試験の実施を推奨しています。ビューローベリタスでは、プレ試験実施サービスを提供しておりますので、SRRC認証取得のご相談から、プレ試験実施、認証取得申請、本試験時のサポート、認可証の発行までワンストップでサポートします。

消費財検査部門 EAW事業部 荒井 央

【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 消費財検査部門 EAW事業部
TEL:045-949-6020
お問い合わせフォーム

-ビューローベリタスのサービス:電気・電子製品向け試験・認証サービス

www.bureauveritas.jp
© Bureau Veritas Japan