Business Vision

新たに製薬業界へ向けたPSCI(製薬業界サプライチェーンイニシアティブ)監査サービスを開始


PDF版はこちら PDF


PSCI製薬業界サプライチェーンイニシアティブ監査

-

製薬業界の行動規範監査(PSCI 製薬業界サプライチェーンイニシアティブ監査 以下、PSCI)についてご紹介します。電子電機業界ではRBA(元EICC)(*1)、食品・流通・小売業界ではSEDEXが有名ですが、PSCIは製薬会社の大手21社が集まり2006年に設立された組織です。日本では武田薬品工業が唯一のメンバーです。
製薬業界のサプライチェーンの中で社会・経済・環境面を改善するために開発され、労働条件や安全なプロセス、設備のほか、経済の発展や地域コミュニティーの清潔な環境に配慮しています。現地の法的な要求事項、その国やグローバルに認知された規格への適合を審査原則としており、次の5つの項目が対象です。
(1) 倫理
(2) 労働
(3) 環境保護
(4) 健康安全
(5) マネジメントシステム

PSCIの効果

-

サプライチェーンで共通の規格を利用
(1) ベンチマークとベストプラクティスを同業他社、他の業界と共有できる
(2) 責任あるサプライチェーンマネジメントのサポーターとして認知される
(3) 責任あるビジネス運用に関する顧客の期待値を把握でき、高い認識を持ったサプライヤーとして認識される
(4) サプライヤーが顧客と共同して、組織・工場内のサステナビリティーに関する対応能力を向上できる
(5) セルフアセスメントの質問票と審査で、複数顧客からの同様の評価を省略できる

審査の目的

-

(1) 審査の重複を削減
(2) 共通の基準や審査方法を用い、一貫したアプローチを実施
(3) 審査レポート・是正処置計画で、課題や改善の機会を特定
(4) サプライヤーの力量を向上するため、PSCI全体のデータを収集し評価

審査のベース

-


認証スキームではない
合格、不合格の適合判断ではない
審査を受けたサプライヤーの取引先へ向けた裏書や提案ではない  

必要書類

-

PSCI 原則 : 要求事項の説明
PSCI 運用ガイダンス: 事例も含めた要求を満たすための解釈
PSCI 審査プログラムガイダンス : 審査の方法論、審査のプロセスの概要、審査員の資格要件と責任や役割




データシェアの合意書 : 審査前にサプライヤーが署名
セルフアセスメント質問票(SAQ) :審査前に審査会社に提出し審査当日のレポートとして運用
PSCI 審査レポートフォーム
是正処置計画 フォーム
PSCI事前審査書類チェックシートサンプル  


PSCI原則の運用は発展途上国・開発国両方の製薬・ヘルスケアサプライチェーンに適用されます。
現在ヨーロッパ・インド・アジアで審査員トレーニングを開催しており、2018年2月頃から監査を始める計画で進められています。
ビューローベリタスは社会説明責任の分野でマーケットリーダーとして年間25,000件以上の監査を行っております。新たにPSCI監査をサービスポートフォリオに加え、製薬業界へのサービスを開始します。
ご質問ご要望があればお問い合わせください。

(*1) RBA(リスポンシブル ビジネス アライアンス) 2017年10月EICCより組織名変更


システム認証事業本部 岡崎久喜


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) システム認証事業本部 営業部 TEL:045-651-4785

-

お問い合わせフォームもご利用ください

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan