Business Vision

ISO9001:2015年版移行に向けての取り組み

株式会社ディスコ
品質保証部システム グループリーダー
田村 直様


「お客様感謝デー2017」(2017年7月6日/東京)でのご講演より

株式会社ディスコ
(東京都大田区)

https://www.disco.co.jp/jp/


PDF版はこちら PDF


株式会社ディスコについて

-

みなさま、こんにちは。株式会社ディスコ品質保証部の田村と申します。
本日は、2015年版ISO9001の取り組みをご紹介させていただきたいと思います。
まずはじめに、会社についての説明と実際にわれわれがしてきた活動を紹介させていただきます。

株式会社ディスコは、1937年広島県呉市で創業し、今年でちょうど80周年を迎えます。創業当時は、万年筆のペン先に溝を入れるような砥石や、アポロが持ち帰った月の石を日本で調査するため、スライスに使用されたのがディスコの砥石でした。その後、砥石だけでなく、精密加工装置も手がけるようになり、現在に至っております。本社は、東京の大田区大森にあり、広島に工場が2つあります。


ディスコの事業内容と方針

-

ディスコは、「Kiru・Kezuru・Migaku」という3つの分野の加工に特化したビジネス活動を進めております。切る、削る、磨くという文字は、われわれの技術が世界標準になるようにあえてローマ字にしています。

「Kiru・Kezuru・Migaku」技術の紹介をさせていただきます。まずは切る(Kiru)技術の事例です。髪の毛を35分割にしたり、シャープペンシルのペン先を切ることができる技術です。削る(Kezuru)技術では、例えばシリコンウェーハを5ミクロンに加工することが可能です。磨く(Migaku)技術は、薄くして弱まった強度を、磨くことによって高める技術です。身近な例では、色々なICカードの中のチップなどで採用されています。「Kiru・Kezuru・Migaku技術によって遠い科学を身近な快適につなぐ」というのが私どものミッションです。

ミッションのご説明をさせていただきましたが、ミッションを実現する上でのマイルストーンである「DISCO VISION 2020」というものがございます。2010年に制定され、2020年をターゲットにして活動しています。その中の構成要素の一つにステークホルダーアングルというものがございます。従業員、顧客、株主などのステークホルダーに対して、われわれがどのようなことを達成しなければならないのかを描いたディスコの2020年におけるありたい姿、目指すべき目標を明らかにしたものです。「DISCO VISION」は、われわれの中の品質方針にもなっています。利害関係者のニーズや、内部・外部の課題を毎年、年度目標という形にして全社で達成に向けて活動しています。
ISO9001は、国内の子会社3社と、海外拠点で取得しており、今後も他のサイトで認証取得を進めていく計画をしています。


ISO9001:2015年版移行に向けての取り組み

-

2015年版移行に向けて行ってきた取り組みについてご紹介します。まずは、われわれの現状の仕組みに足りない部分があるかギャップ分析を行いました。
2015年版の要求事項においてトップマネジメントの関与がより強調された部分に関しては、先ほどご説明させて頂いたように、ビジョンやミッションを掲げ経営を行っていますので、経営者のISOに関する理解が非常に深く、問題ございませんでした。
リスクベースの考え方が重視された点は、各部門でどのようなリスクがあるのかを毎年の目標管理としております。経営者のリスクに対する感度が非常に高いので、ミスによる結果を例に挙げるなどして、全社員に周知しています。
直接、ものづくりの根幹に関わる技術部門や製造部門に関しては、FMEAといったようなリスクアセスメントのツールを導入していますので、問題がないと考えました。そのほか、組織の知識や変更管理という項目もございますが、変更管理に関しては、お客さまと「このような変更があった際は必ず申請する」という契約を結んでおり、お客さまごとに要求が違い、一つ一つを管理しているため必要ないと判断いたしました。
このように、全体的に大きなギャップはありませんでした。ISO9001が2015年版に変わったとはいえ、お客さまや会社の成長を考えて事業を行ってきましたので、このままで問題はないという結論に至りました。しかし、昨今いろんな変化が起きている状況では、リスクベースの考え方が強調された規格の意図をしっかり理解して運用していくのが大事なのではと考え、PDCAのC(CHECK)にあたる内部監査員のパフォーマンス向上に努めました。
次にその取り組みをご紹介させていただきます。


内部監査員のパフォーマンス向上のための取り組み

-

内部監査員のパフォーマンス向上のために行ってきたことを、簡単にご紹介します。内部監査員は工場に28名、本社に15名おります。今までの教育は、工場や本社などでばらばらに行っておりましたが、今回は、長野県蓼科の研修所に全員を集めて1泊2日の合宿を行いました。監査員同士も本社の人、工場の人とでは会う機会もあまりないので、大変刺激になったようです。研修は、座学ではなく、ケーススタディを中心に行いました。
規格の中身を理解し、意図する部分を考えることが重要だと考え、「なぜ、今回新しい要求事項に変更管理が入ってきたのか」や「ISO9001を改正した人の気持ちになってみる」などの問題を作成し、チームで話しあって、発表をしてもらいました。
そのほか、実践的なケースとして身近なラーメン店の事例を取り上げ、どのような監査を行うのか、どのようなことに着目し、2015年版を意識して監査するのかを考えてもらいました。
ラーメン店という設定から、麺を打つ人もタレを作る人も一人しかいない場合、組織の知識やノウハウをどのように共有しているのか、原材料の産地をホームページでオープンにしているが、それが変更になったときにどのように変更管理を行うかなどの視点で要求事項を学びました。
1泊2日の研修後、内部監査員には、自分の一番やりたい箇条毎のチームで3カ月間勉強会を行い、その成果を発表してもらいました。その1つのアウトプットをご紹介させていただきます。

今回の2015年版ISO9001の4.4で、タートル図を引用するという文献を見かけますが、あるチームではそこにプラスアルファで4.1や4.2、さらにリスクと機会の総合的なプロセスを見ることで、より良い監査ができるのではないかとビートル図と名付けたチャートを運用してはどうかというアウトプットがありました。これは内部監査するときに利用したり、被監査部門にこれを見せることで2015年版の変わった点やどのように答えれば良いかを理解してもらったりするのに良いツールなのではないかと思っています。

そして最後に「2015年版のプロセスアプローチをISOが全然分からない人にも理解できるように、自分自身の言葉で説明してください」という類の設問を10問設定し、テストを行いましたが、約3分の2の人が不合格という結果になりました。その結果、監査員を辞める人もいましたが、再チャレンジする人もおり、現在は監査員を続けたいという強い意思を持った人が監査員になっています。


社内のマネジメントシステムの取り組み

-

(1) 内部監査員のスキルの見える化

弊社では、監査員のスキルを見える化する取り組みを行っています。どのようなスキルを持っていて、監査結果はどうだったかを見える化するものです。
スキルを見える化することで、監査員が強みや弱みに気づき改善するきっかけになったり、被監査部門の人が、監査員を指名できる仕組みに利用したりしています。


(2) 多角的視点でリスク指摘できる環境を整える

弊社には他にも事業継続マネジメント(BCM)や労働安全、環境という他のマネジメントシステムがあります。各マネジメントシステムの事務局間でリスクをい共有し、監査をもう一度しっかり見直していくという活動も始めています。マネジメントシステムとして共通の監査ミッションを作成し、各マネジメントシステムに合わせたステークホルダーのターゲットを掲げ、監査員に共有し組織の進化を図りたいと考えています。一つのマネジメントシステムでのリスクだけではなく、色々なところにリスクがあるということを多角的視点で指摘できるようにしていきたいと考えています。
また、QMSの事務局では、新入社員、中途社員が入社した際に受講するISO9001の社内講習では、イラストを活用した資料を用いるなど、身近に感じてもらえるように努めています。


最後に

-

2015年版の移行審査において、ギャップ分析をした結果、現状のままで問題はありませんでしたが、品質マネジメントシステム(QMS)は、継続していかなければならないものですので、内部監査員のパフォーマンス向上と問題がある箇所のチェックができる体制作りに力を注いだ事例をご紹介いたしました。
ちょうど先週1週間、ISO9001とISO14001の移行審査が行われまして、無事終了いたしました。

ご清聴ありがとうございました。

※各図は講演資料より抜粋


- ビューローベリタスのサービス:
  品質マネジメントシステム認証(ISO9001)

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan