Business Vision

「ソーシャルコンプライアンスソリューション」
〜ブランドの保護、職場環境の遵法性確認〜


PDF版はこちら PDF


今回は、消費財検査部門がグローバルで提供している、社会的責任(CSR)に関連するサービス、特に「ソーシャルコンプライアンスソリューション」についてご案内します。


ビジネスチャレンジ

-

企業が世界中で製造と調達の能力を拡大するにつれて、サプライチェーンの職場環境は、発展途上国ではますます重要視されています。製品が製造される環境条件も品質の一部とみなされ、ビジネスバリューの重要な命題となっています。企業評価に大きな影響を及ぼす可能性があるサプライチェーンの社会的責任に関連するリスク管理マネジメントは、消費者市場におけるブランドイメージが重要な資産であるお客様にとって、いまや不可避といえるでしょう。

今まで投資先企業の指標として、貸借対照表、損益計算書などの財務情報が使われてきましたが、昨今、それに加えてESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)要素と呼ばれる観点が盛んに取り上げられるようになってきました。ESGの要素に配慮した投資は長期的な視点で効果的であると期待されており、大きな機関投資家のあいだでESG投資に対する関心が高まっています。また、SDGs(=Sustainable Development Goals:国連の持続可能な開発目標)という言葉も聞かれるようになってきました。2015年9月に国連に加盟する193カ国すべてが合意して採択されたSDGsは、貧困の撲滅や、あらゆる格差の是正、持続可能な経済成長等、17の目標が掲げられています。民間企業が課題解決を担う主体として位置づけられていることから、SDGsが設定する目標を経営戦略に取り込み、事業機会として生かす動きが少しずつ広がってきています。
これらの分野には、先進的な企業のプログラムから、より身の丈にあった効率を重視したプログラムなど様々なスキームが先行して存在しています。
これを大きく分けると、お客様独自のプログラムを運用するケースと、既存のプログラムを活用するケースの二通りがあります。

<お客様独自のプログラムをお考えのお客様>
コンプライアンス要素の重要度を考慮し、組織の規模と運用上の視点をプログラム設計と実運用に反映させて全体のスキームを築き上げていきます。これにサプライチェーンのソーシャルコンプライアンスプログラムのすべての要素を網羅する実績のある方法論を加えて、プログラムの設計、開発、実運用における主要課題がすべて満たされるよう設計していく必要があります。

<既存のソーシャルコンプライアンスプログラムをお考えのお客様>
一方、すでに定型になっているさまざまなソーシャルコンプライアンス基準による監査、評価サービスをお使いいただくこともできます。たとえば、玩具産業国際協議会(ICTI)、Worldwide Responsible Accredited Production(WRAP)、英国小売協会(BRC)、Business Social Compliance Initiative(BSCI)、SEDEX Member Ethical Trade Audit(SEDEX)あるいはビューローベリタスが開発した業界基準のサプライヤーコンプライアンス基準等、各種団体や組織が定めた基準があります。これらのプログラムは、お客様とサプライヤーの両方に利益をもたらす第三者評価となります。

ビューローベリタスの監査業務

-

ビューローベリタスは、先のいずれのお客様のニーズにもお応え致します。
たとえば、大手サプライチェーンA社様のケースでは、弊社が開発した業界基準のサプライヤーコンプライアンス基準を元に、A社様の行動規範、サプライヤーに対する各要件の重要度をひとつずつ確認し、A社様独自のプログラムに創り込みました。今までA社様が築いたサプライヤーとの関係性を重要視し、監査そのものだけでなく、サプライヤーとのコミュニケーションの一つひとつをA社様の意向に沿った形で実施するプログラムを、世界各国の工場様に対して運用し始めました。
また、生産拠点をグローバルにお持ちのメーカーであるB社様のケースでは、B社様の行動規範、ビジネスの特徴、ステークホルダーに対する責任、ESG投資としての観点を考慮された結果、複数ある既存のプログラムから汎用性の高い1つを選択し、将来、B社のサプライチェーンマネジメントの一つとして採用することを前提としたトライアルをスタートされています。弊社はこの既存プログラムに関しては世界でもっとも多くの実績を持っています。 
いずれのプログラムを適用された場合でも、弊社が独自開発したサプライチェーンマネジメントシステムをご利用いただくことで、監査のご依頼から監査実施までの進捗管理、監査結果の管理、監査後のフォローアップ、サプライヤーチェーン全体の分析等にお役立ていただけます。


ビューローベリタスの特徴

-

● コンプライアンス関連のプロセスと独立した監査の世界最大の実績
● プログラム構築からレポート提出までの過程で企業を支援する能力とリソース
● 多面的な多国籍企業に向けたソリューションの開発と運用の経験年数
● 監査ステータス、監査結果、サプライチェーントレンドへのリアルタイムアクセス用の独自のデータベース
● 140カ国以上にわたる1,300を超えるラボと事務所ネットワークによるサポート
● コンプライアンスモニタリング、製造上の問題、労働基準、地元の習慣および法令に関する詳細な知識、理解
● ステークホルダーの重要な懸案事項の知識と理解
● 現地の習慣、法律、社会的条件を含むソーシャルコンプライアンスに関連する複雑な問題に精通した、現地監査員
サービスの提供国に関わらず、日本の窓口にてご相談、ご依頼を承ります。


消費財検査部門 山内史子


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 消費財検査部門
横浜分析センター TEL:045-640-0661
お問い合わせフォーム

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan