Business Vision

JIS Z 2305: 2013 によるJSNDI非破壊検査資格認証制度の変更点について


PDF版はこちら PDF


日本の非破壊検査資格認証制度である、JIS Z 2305:2001がISO 9712: 2012の改正に従い、JIS Z 2305:2013として改正されました。JIS Z 2305:2013による非破壊検査資格認証制度は何点か変更されたため、新規資格申請と再認証申請に注意をする必要があります。
JIS Z 2305:2013による変更点を下にまとめました。新規資格取得を目指す方と資格保有者の方は一読し、受験申請、訓練と受験内容の変更点について事前に把握していただく必要があります。申請時受験資格要件を満たさない、または試験内容の変更により保有する資格を失うなどのリスクを防ぐ意味があると考えております。


■ JIS Z 2305:2001 とJIS Z 2305:2013の主な相違点

-

No.

項目

JIS Z 2305:2001

JIS Z 2305:2013

1

適用範囲

NDT方法:RT, UT, MT, PT, ET, SM

NDT 方法:AT, TT, LT, VTを追加;SMをSTに変更

2

引用規格

-

JIS Q 17024

3

対象工業分野(資格証明書に記載)

マルチセクター(材料、溶接、構造物)

供用前・供用期間中検査(製造を含む)

4

訓練用シラバス

レベル1,2に対するガイダンスあり、レベル3は自己学習のみ

各NDT方法、各レベルに具体化したシラバスを含めた訓練を規定

5

訓練時間

新規認証受験申請時、レベル1,2に対する最低訓練時間を規定

新規認証受験申請時、レベル1、2、3の訓練時間を規定、尚且つ義務となった

6

訓練証明書

レベル1,2に対して、新規認証受験申請時、訓練記録を提出

レベル1,2,3に対する訓練記録と訓練実施記録集計表を提出

7

訓練証明書の提出時期

新規認証受験申請時に訓練証明書を提出

レベル1,2,3に対する新規認証の受験申請時に訓練実施記録と訓練実施記録集計表を提出(レベル3を含む)

8

視力証明書

医師または雇用主の署名入りの文書を提出

雇用主の署名入りの視力証明する文書を提出

9

近方視力

Times Roman N 6またはそれに相当する文字を読める視力が必要

Jaeger number 1,Times Roman N 4.5またはそれに相当する文字を読める視力が必要

10

色覚

雇用主の指定するNDT方法で使われる色彩間のコントラストを見分けて識別

雇用主の指定するNDT方法で使われる色彩またはグレイスケール(灰色の濃淡)間のコントラストを見分けて識別

11

近方視力を証明する文書の提出時期

新規認証,更新,再認証の各申請時

新規試験,再試験、更新,再認証の各申請時

12

色覚を証明する文書の提出時期

新規認証,更新,再認証の各申請時

新規試験の申請時のみ

13

レベル1, 2, 3の試験合格点

80%

70%

14

レベル1,2,3の新規試験の再試験受験回数及び受験期間

1回 (初めに受験した資格試験の後,30日以上2年以内)

2回 (次回及び次々回に行われる試験時新規再試験として受験)

15

新規・再認証試験の試験体数

RT1 (1体撮影)
RT2 (1体撮影+フィルム解釈)
UT・MT・PT・ET:2体
SM1:1体
SM2:2体

RT1 (2体撮影)
RT2 (2体撮影+24枚のフィルム解釈)
UT・MT・PT・ET: 3体
ST1:1体
ST2:2体

16

再認証受験申請

申請表のみを提出

資格継続調査表、近方視力証明書の提出 (レベル3の場合は実技能力証明またはレベル2資格の維持が必要)

17

レベル1,2の再認証試験の内容

筆記試験

実技試験(レベル2の場合は指示書の作成も含む)

18

再認証試験回数

資格発効日から10年後の有効期限の2年前から半年まで4回受験できる

資格発効日から10年後の有効期限の半年前に1回のみ受験できる

19

再認証再試験の受験回数及び受験期間

なし

2回 (試験後約6ヶ月の間に)


産業事業本部 白坂四郎


ご不明な点、質問については下記問い合わせ先までご連絡ください。
【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 産業事業本部
横浜 TEL:045-641-4219 FAX:045-663-3777
神戸 TEL:078-322-0232 FAX:078-322-2418
お問い合わせフォーム

- ビューローベリタスのサービス(非破壊検査関連):
 

風力発電所関連機器の代行検査/第三者検査
輸出用原子力機器・核燃料の検査・監査
ASME・プラント関連機器・設備の検査
KNPCに関わる検査
ラインパイプ・OCTG・配管の検査
CEマーキング

Type 3.2 Certificate (EN10204)
IBR1950
DOSH
MOM
安全管理審査
タンクコンテナー検査

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan