Business Vision

ビューローベリタスが提供する遺伝子組み換え作物(GMO)検査について


PDF版はこちら PDF


ビューローベリタス 食品検査事業部では、米国Genetic ID社の技術を用いた農産物や加工食品中の遺伝子組み換え体の有無の検査を提供しております。
今回は一部サービスメニューの変更と、検査の特徴についてご案内致します。


1.サービスメニュー変更について

-

Genetic ID社より提供される使用試薬の変更に伴い、弊社サービスメニューの見直しと価格の改定を行いました。定性検査については2017年2月1日より下記のメニューにて運用を開始しております。


表:定性検査


新しい試薬により、リアルタイムPCRを用いた方法に変わりました。これまでのQC検査、TC検査は廃止、検定点0.05%での判定となります(従来「定性検査」としてご利用頂いていた項目は、「特異定性検査」と致します)。


2.従来の方法と新しい方法の違い

-

従来の方法も新しい方法も、PCRと呼ばれるポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction)でDNAのある特定の部位だけを増幅させます。増幅させるのは下記3種類です。
(1) 各作物に特異的な遺伝子(内在性遺伝子)配列:変性の有無の確認
(2) 組み換え体が持っている特有の配列:組み換え体の有無の確認
(3) インターナルコントロール:PCR阻害の有無の確認
PCRで増幅させた後、従来のPCRを用いた方法では、寒天の様なゲルで発色させたバンドと標準品のバンドを検査員が目視で確認し検定点を超えているかどうか確認します。これに対してリアルタイムPCRを用いた新しい方法では、増幅量を光学的に数値化しGMOの混入率を算出します。定性検査の場合はその数値が検定点を超えているかどうかを確認し、検出/検出せずの判定を行います。また、定量検査の場合はその数値をご報告致します。


3.ビューローベリタスが提供する遺伝子組み換え検査の特徴とは

-

ビューローベリタスは、世界で初めて遺伝子組み換え作物検査の受託分析を開始したGenetic ID社と、日本で唯一ライセンス契約を結んでいます。Genetic ID法では、通知法で対象とされている作物のみならず、通知法では対象外の作物も検査が可能であるなど、検査可能な遺伝子組み換え作物の品種が非常に多いのが最大の特徴です。
さらに、科学的な分析と生産管理体制の監査を組み合わせた第三者機関による国際的な製品認証プログラム(CERT-ID NON GMO認証)の提供も可能です。
他の検査機関では対応出来ない検査でも、是非お気軽にご相談下さい。


食品検査事業部 重永 吏子


【お問い合わせ】

ビューローベリタスジャパン(株) 食品検査事業部
横浜分析センター TEL:045-949-4664
お問い合わせフォーム

- ビューローベリタスのサービス:食品衛生検査

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan