Business Vision
 

第二者監査〜食の安全確保とブランド保護をサポート

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 岡崎久喜


ビューローベリタス主催「食品安全セミナー〜」
(2016年9月15日@東京)での講演より


PDF版はこちら PDF


食品業界での第二者監査のニーズの高まり

-

食品業界において、品質やおいしさはもちろん、安全確保は不可欠の取り組みです。しかしながら、自社だけで解決できることは非常に限定的で、業界全体での取り組みが必要です。海外に輸出しようとすれば、輸出先の法律やルールをきちんと把握し、サプライヤーの教育や監査も実施しなければなりません。
大手の食品メーカーや外食チェーンは、法律より厳格な独自の安全ルールを運用されており、ビューローベリタスは第二者の立場での監査などを通じて、そのお取り組みをサポートしています。
日系企業での第二者監査例はまだ少ないですが、日本のナショナルブランドでもOEM導入割合が高い企業からは、自社チェックリストなどを活用しながらサプライヤー監査を実施したい、というご要望が増え、私どもがサポートする機会が増えてきました。



第二者監査について

-

卸売・小売業界のサプライチェーンのリスク監視としては、ベンダーやサプライヤーのルール遵守状況の確認、FSSC22000認証取得の要求(取得していれば監査を免除する)、追加の要求事項の取り組み状況の確認、各商品が持つリスクの評価などが挙げられますが、それらの結果により監査頻度を変更するケースも多いと思います。
従来、日系企業では社内監査が主流でしたが、監査のスキームや目的概要が定まっていないケースが少なくありません。今後は、監査で何を実施したいか、監査を通じて何を目指すのか、ということを全社的に明確に定めることが必要です。また、監査手法の問題点を浮き彫りにするためには、内部監査と外部監査を組み合わせながら、効率的、効果的に対応することが非常に重要です。
一方店舗監査の例として、衛生管理基準に沿った運用がなされているかを確認する監査と、拭き取り検査を外部に委託し、試験所でのデータ分析を通じて衛生状況に問題が無いかどうかを確認する取り組みなどがあります。



監査員の能力向上プログラム

-

監査員の能力を判断する基準として、経験や適性、知識やスキルがありますが、どのレベルが求められるか、という点については、プロジェクトの内容や目的によります。
ビューローベリタスは、監査員能力の向上のために、座学と実地研修、主任審査員の選定、主任審査員による定期的な報告書のチェックなどをプログラムとして実施しています。


ITツールの導入

-

各店舗での衛生管理基準の運用状況を記録するにあたり、まだ従来通り、紙ベースでの記録が主流ですが、近年、ITツールを導入する動きがみられます。多数の店舗における清掃状況や温度管理の記録が紙ベースで本部に集まってきても、それらの分析には数日を要してしまい、即座に現状分析することは難しい。これが電子ベースですと、リアルタイムで運用状況を把握でき、課題に対する是正処置をオンタイムでとることができます。また、衛生管理基準の運用レベルが高い店舗については監査頻度を下げ、逆に課題が多い店舗は頻度を上げるなど、監査の効率性を高めることもメリットの1つです。

食品安全は、1社単独で確保できるものではなく、また、比較優位というものではなく、非常に基本的な欠かせないもので、皆がルールを守らないと皆が困る、というようなものであろうととらえています。
安全確保に向けたお取り組みに関してご相談がありましたら、お気軽にご相談下さい。ビューローベリタスは豊富な経験・知識をベースに、評価のものさしや内容、実施頻度に関するサポートを提供します。


画像をクリックすると拡大します


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) システム認証事業本部 カスタマイズドサービス部
TEL:045-651-4208
お問い合わせフォーム

- ビューローベリタスのサービス:カスタマイズ監査(第二者監査)サプライヤー監査

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan