Business Vision

品質監査(QATA=Quality Assistance Technical Audit)について


PDF版はこちら PDF


昨今、建設会社による施工不良やデータ改ざんが明らかとなり、発注者やマンション購入者の建物品質に対する不安が広がっています。施工不良やデータ改ざんの要因の1つとして、「品質管理が確実に実行されていない」ことが挙げられます。

ビューローベリタスは第三者の立場で、「品質管理が確実に実行されているか」を確認する、品質監査(QATA=Quality Assistance Technical Audit)を実施しています。
品質監査では、監査員が施工者、監理者とは異なる第三者の視点で、工事発注者(本「品質監査」業務の依頼者)が定めた品質計画に沿って建築工事が実施されているかを監査し、発注者に報告します。


代表的な監査内容

-

●  工事施工計画が工事監理者の承認を経て定められているか
●  施工計画書等に定められた手順に従い、工事監理者の承認のもと施工が行われているか
●  工事監理報告書において必要な工事監理が行われているか
●  施工に必要な法令上の手続きが行われているか


監査可能なエリア及び対象工事

-

●  日本全国
●  鉄筋工事、杭工事、コンクリート工事、仕上げ工事など
●  発注者のご要望に応じてカスタマイズ可能


監査の流れ(鉄筋工事)

-


監査報告書

-

●  ご希望に応じて日本語・英語での監査報告書を作成

ビューローベリタスは第三者としての品質監査を通じて、品質管理の確実な実行と、施工不良やデータ改ざん発生リスクの低減に貢献します。お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。


建築認証事業本部 細田泰宏


【お問い合わせ】
品質監査(QATA=Quality Assistance Technical Audit)に関する見積り・ご相談
ビューローベリタスジャパン(株) 建築認証事業本部 技術監査部
神谷町事務所 TEL:03-5573-8686
ctcpcam.kam@jp.bureauveritas.com

- ビューローベリタスのサービス:品質監査(QATA=Quality Assistance Technical Audit)

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan