Business Vision
 

外部の厳しい目を通してレベルアップを図るために、
化粧品GMP「ISO22716」の第三者認証を取得


花王株式会社
東京工場

(東京都墨田区)

http://www.kao.com/



PDF版はこちら PDF


ISO9001、そしてISO22716へ

-

家庭用洗剤やヘアケア商品の分野で国内トップのシェアを誇る花王。それらの商品と並んで同社の「顔」となっているのが「花王ソフィーナ」をはじめとする化粧品分野だ。
東京都内、亀戸にある東京工場はこの化粧品の生産を担当している。ちなみに同社の国内における化粧品製造拠点は、東京工場と神奈川の小田原工場だ。
この東京工場が、化粧品に特化した優良製造規範(化粧品GMP(Good Manufacturing Practice))である「ISO22716」の第三者認証を取得したのは、2015年10月のことだ。同工場ではそれまでに「ISO14001」認証を取得した環境マネジメントシステム、そして「ISO9001」認証を取得した品質マネジメントシステム、及び日本化粧品工業連合会(粧工連)が自主基準として策定した「化粧品GMP」に基づく製造及び品質管理が長年にわたり運用されていた。
では、同社が「化粧品GMP=ISO22716」の第三者認証取得に動いた経緯からみてみよう。


取得の目的は1つだけ

-

ISO22716のような特定の業界に特化した認証を新たに取得する理由としてよくあるのは、取引先からのリクエストや輸出の拡大だ。しかし同社の場合はそういう外的要因はない。取得を目指した理由は、「ひとえに化粧品製造のレベルアップを図りたかったから」だと、化粧品プロダクション部門の田中徹課長は言う。
前述したように、同社ではそれまでにすでにISO9001認証を取得し、粧工連・自主基準の化粧品GMPを遵守していた。
ところがこれらを同時並行的に運営するにあたって、社内からは「2つを効果的に運営するにはどうすれば良いのか」という疑問が呈されるようになった。
化粧品GMPは製造管理に関してISO9001よりも細部にわたって詳しく規定しているため、ISO9001ではカバーできない部分がうまれ、その結果、この2つに整合性を持たせることが難しく、また併用に意味があるのかという声があがっていたのだ。それが高じて、2014年に実施した化粧品GMP勉強会では、「いっそISO9001認証を返上してはどうか」という議論も起こったという。
その是非を判断するために品質管理担当部署が調査を行う中で浮上したのがISO22716だった。
ISO22716には化粧品製造に特化した仔細な要求事項があり、同社の「ワンランクアップしたい」という希望にマッチしていた。そのうえ、当時問題視されていたISO9001と化粧品GMPの整合性に関して、コネクターとしての機能が期待できた。
さらにISO22716の評価を高めたのは、自主規制ではなく第三者認証の対象ガイドラインである点だ。「ISO認証の取得そのものは二の次で、ひとえにレベルアップを望んでいた我々にとっては、第三者の目による厳しい審査と評価を受けられることが最も大事な要件でした」田中課長は言う。


先を見越した認証機関選定

-

そこで、同社ではISO22716の認証機関を具体的に探し始めた。候補にあがった4つの認証機関を対象に、審査員数、認証実績、実際に審査をする審査員との面接、費用など8つの評価軸で評定が行われた。
その結果、同社が選んだのはビューローベリタスだった。「どの認証機関もそれぞれに優秀でどこにお願いするか迷ったのですが、ある決定打がありビューローベリタスを選びました」(田中課長)。
その決定打となったのが、「ISO9001とISO22716の統合認証に対応できますか?」という質問に対する答えだった。YESと即答したのはビューローベリタスだけだったのだ。
そもそもISO9001と化粧品GMPの併用に端を発してISO22716認証取得を決定した同社にとって、統合認証は近い将来必ず検討することになるはずのテーマだ。それに対して「すぐにできます」と答えた認証機関と取り組めば、さまざまな面でアドバンテージがある。面接した審査員の評価が高かったこともあり、ビューローベリタスを選択したのだった。


委託先スタッフも対象に

-

キックオフは2014年の12月。そこから取得までの作業を牽引したのは、プロダクション部門で品質管理を担当し、ISO22716事務局を務めた笹竹智彦氏だ。笹竹氏はまずISO9001に基づいた品質マニュアルをベースに、化粧品製造ならではの細かい点を添わせてマニュアルを整える作業を行った。その「細かい点」は、製造関係者と共に化粧品GMPを見直して決定していった。
すでにISO9001と化粧品GMPを運用していたため、ISO22716のマニュアル作りは「新しく作るというよりは、今あるマニュアルをISO22716に基づき見直す作業に近かった」と笹竹氏は言う。
漏れをなくすため、配合、設備、充填・包装、品質管理の4グループから担当者を出して、各分野を重点的に見直すという方法を採用した。
この見直しとマニュアル作成の作業において最も重視したのは、実務面、つまり現場でマニュアルが有効に機能するかどうかを検討・精査することだった。第一にお客様のご指摘の絶対数を減らすこと。そして次にご指摘の「見える化」をより進めることが、同社のISO22716マニュアルづくりの基準となった。
またもう1つの大きな特徴は、委託先のスタッフも対象に含めたことだった。工場において委託先スタッフを労働安全衛生管理の対象に含めることはよくあるが、品質マネジメントシステムの対象に含めるケースは珍しい。そこに委託先を含めると管理責任問題などの課題が想定されるからだ。しかし同社では今回あえて委託先も含めることにした。その結果、興味深いことが起こった。それまでは労働安全衛生に対して厳しかった委託先のスタッフの意識が、品質に対しても同様に厳しく向けられるようになったのだ。
このことは純粋にメーカーとしてのレベルアップを目指してISO22716を取得した東京工場にとっては、願ってもない嬉しい兆候だといえるだろう。
ISO認証は、企業を取り巻く厳しい状況や外圧に対峙するための心強いツールと認識されることが多いが、同社のようにシンプルに品質と消費者に向き合おうとする企業にとっては、副産物をもたらしてくれるようだ。

(2016年2月1日取材)


- ビューローベリタスのサービス:ISO22716 化粧品GMP(優良製造規範)

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan