お米の品質表示とDNA検査による検証


PDF版はこちら

食欲の秋になり、新米の美味しい季節がやってきました。
日本人の主食である米は、日本全国で様々な品種が栽培されており、現在では水稲として500品種以上が品種登録されているといわれています。
米袋には、品種、産地、精米年月日等、品質を確認する上で重要な情報が記載されていますが、今回はその表示の内容と検証方法についてご紹介したいと思います。

1.米の農産物検査と「玄米及び精米品質表示基準」による品質表示
生産者が生産した米は、公正な取引や規格設定の根拠として農産物検査を受けることが多く、農産物検査法に基づく登録検査機関の検査員が、品質や等級を目視で判定しています。農産物検査を受けた米は、産年・産地・品種の証明を受けることができるため、JAS法に基づく玄米及び精米品質表示基準では、この農産物検査証明を産年・産地・品種・使用割合の表示根拠としています(農産物検査を受けていない米は「未検査米」として扱われます)。
玄米及び精米品質表示基準では、玄米や精米の品質に関して販売業者が表示すべき事項を定めており、その具体的な表示例を下記に示します。

単一原料米 表示例



複数原料米 表示例(原料玄米が国内産のみの場合)


(1) 名称
精米又はうるち精米、胚芽精米、もち精米、玄米の区分を記載。
(2) 原料玄米
単一原料米(国内産)の場合は、農産物検査法による証明を受けた産地、品種及び産年を記載。複数原料米の場合は、割合の多い順に産地毎の使用割合も記載。未検査米(産地、品種、産年の全てについて証明を受けていない米)が含まれている場合は、その割合を記載することができる。
(3) 内容量
内容重量をグラム又はキログラム単位で記載。
(4) 精米年月日
調製年月日、精米年月日又は輸入年月日を記載。日付の異なる米をブレンドした場合は、最も古い年月日を記載。
(5) 販売者
販売者の氏名又は名称、住所、電話番号等を記載。

2.DNA検査による品種表示の検証
前述の通りに、多くの米は農産物検査による品質確認を受けています。、出荷段階で大量に流通する米を短期間・低コストで鑑定する上で農産物検査は最適な方法ですが、あくまで目視による判定を基本としているため、産地、品種、産年を高い精度で証明することは極めて困難です。
DNA検査による米の品種判別は、表示された品種名の科学的な検証手段として非常に精度が高く有効な方法であり、農産物検査で疑義のあった米の品種検証、米の販売業者による自主的な米品種の検証、実際に店舗で流通・販売している米の品種表示のモニタリング調査等を目的として有効活用されています。
米品種判別の検査内容としては、主に以下の3種類があります。

 (1) 定性検査

検体中から一定量(50g)の米をサンプリングして粉砕し、検定基準5%において、表示対象品種の有無及び異品種混入の有無を判定
【報告例】対象品種:コシヒカリ

対象品種・・・検出
対象品種以外・・・検出せず
検体中には主にコシヒカリが含まれており、コシヒカリ以外の品種の混入率は5%未満

 (2) 定量検査

検体中から指定の粒数(25粒もしくは50粒)を無作為にサンプリングし、一粒毎に対象品種かどうかを判定し、対象品種の粒数と対象品種以外の粒数を報告
【報告例】対象品種:コシヒカリ(50粒検査の場合)

対象品種・・・46粒
対象品種以外・・・4粒
検体中には50粒中46粒の割合(約92%)でコシヒカリが含まれており、異品種の混入割合は50粒中4粒(約8%)

 (3) 品種特定検査

定量検査で対象品種以外と判定された米粒について、識別可能なすべての米品種を対象に粒毎に品種を特定
【報告例】定量検査において対象品種以外と判定された4粒について粒毎に品種を特定

あきたこまち・・・3粒
ひとめぼれ・・・1粒

検査及びご依頼に関する詳細は弊社ウェブサイト「米品種識別DNA検査」をご覧下さい。

留意すべき点として、DNA検査による米の品種判別結果は、あくまで分析した検体についてのみ保証するものであり、母集団である当該ロット全体を保証するものではありません。また、DNA検査で表示内容を検証できるのはあくまで品種についてのみであり、産地、産年、品質、食味等の検証には、農産物検査等による鑑定や、生産・流通記録の情報、他の科学的分析による裏付け等、様々な情報をもとに総合的に判断することが必要です。

以上のように、米袋の表示には、その米の品質を知る上で重要な情報が記載されています。お米を選んだり買ったりするときには、米袋の表示内容に関心を持ち、適正な表示がなされているかどうかチェックすることが、安心して美味しいお米を食べることにつながると思われます。

引用情報
玄米及び精米品質表示基準(農林水産省)
品種登録ホームページ(農林水産省)
おいしいお米が食べたい!〜表示の基礎とお米のはなし〜(国民生活センター)
米の農産物検査について(農林水産省)
農産物検査法の証明によらない品種・産年の表示について(農林水産省)


消費財検査部門 水上貴司

 

【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株) 消費財検査部門 食品検査事業部 TEL:045-949-4664
お問い合わせフォームもご利用下さい
ビューローベリタスのサービス:米品種識別DNA検査
 

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan