環境活動を事業活動の推進エンジンとするTOTO
ISO14001認証とISO9001認証を同時に統一化

TOTO株式会社
(福岡県北九州市)

http://www.toto.co.jp/


PDF版はこちら


同時統一化の経緯
衛生陶器や温水洗浄便座など住設機器製品のトップメーカーTOTO株式会社は、2014年3月、国内におけるISO9001認証とISO14001認証を、グループ全体で統一する「統一認証(認証のマルチサイト化)」を図った。これによって、同社の国内工場、国内製造グループ会社、そして本社統括部門のISO9001認証とISO14001認証は、それぞれ一本化(一元管理)されることになり、同社のマネジメントシステムは新しい局面に入った。
まずは、2種類の認証を同時に統一した経緯から聞いてみよう。
「最初に全社会議で統一してはどうかと話題になったのはISO14001認証でした」と総務部 環境推進グループ グループリーダーの飛松浩樹さんは言う。
同社は2017年に迎える創立100周年に向けて、2005年から「TOTOグリーンチャレンジ」という環境ビジョンを立ち上げ、あるべき環境活動について模索していたが、その模索の過程の中で、「ISO14001認証をグループ全体で統一することでガバナンスの強化を図り、より強力な環境活動と環境貢献を実現させてはどうか」という提案があったのだ。
この提案を受けてISO14001認証のマルチサイト化が決定しかけたときに、「ISO14001認証だけでなく、ISO9001認証も同時に統一すべきではないか」という追加提案が社内で持ち上がった。その理由は、「TOTOは水を切り口にした環境企業であり、環境活動は事業活動の推進エンジンである。従って、この2つを切り離すことはできない」という認識が社内に深く根ざしていたからだ。
こうして同社では、ISO14001認証だけでなく、ISO9001認証をも同時に統一することとなったのである。

個別から統一への調整に苦心
しかし、この同時統一にはクリアしなくてはならないハードルがいくつかあった。
まずは、それまで工場ごとに個別に認証を取得し、ルールづくりがなされていたものを、いきなり統一ルールに切り替え、複数あった認証機関も1社(ビューローベリタス)に集約するとなると、現場が混乱し、かつ不満が出ることが予測された。
そこで事務局は、できる限り、サイトごとに設定された既存の個別ルールを保ちながら、最初は緩くガバナンスを設定し、統一ルールづくりをするという方針を立てた。そしてこの基本方針に則った上で、3カ月に1度ずつ、各サイトとテレビ会議を開き、不備や困っている点などをヒアリングしながら調整を重ね、1年間をかけて慎重に統一ルールづくりを進めていった。
「これは当然のことですが、現場は自分たちで構築してきたやり方を変えたくないし、統括部門側は強いガバナンスを効かせたい。この調整が最も大変でした」と飛松さんは言う。
しかし同社には海外生産拠点を拡大したい意向があり、ガバナンスを強化したり、拠点間の情報の共有化を図ったりすることは、経営戦略上でも欠かせない課題だった。そのため、事務局は、会社のこれからを担う事業としての認識を持って、粘り強く認証統一を推進していったのである。
ちなみに認証統一にあたり、認証機関としてビューローベリタスを選んだ理由には、今後海外拠点まで対象を拡大することを視野に入れていることから、グローバルな実績と対応力をもつ認証機関との取り組みが必要だという判断があったそうだ。

統一後、内部監査が威力を発揮
では、2つの認証の同時統一から2年目を迎えている今、社内にはどんな変化が起きているだろうか。
「まず全社の内部監査の仕組みができて、内部監査員が育ち、有効性を発揮するようになりました」と町田光義さん(お客様本部 お客様企画部 お客様企画グループ 技術主査)は言う。
認証統一以前は、工場ごとに認証を取得し、それぞれのルールに基づいて運用していたために、「自分のサイトは自分たちでチェックする」というスタイルだったが、統一後は全てのサイトを共通ルールに基づきチェックするようになったため、全社的な「内部監査」の仕組みが生まれた。そして内部監査の結果発表を受けて、各工場の違いや、各工場におけるやるべきこと・改めるべきことなどが可視化されるようになった。見通しと風通しが良くなったのである。事務局としては各工場や事業部の比較対象が容易となったことで、「人や資源をどの工場のどこにどれだけ投入すればより効果が上がるか」が明らかになり、適切な対策を取れるようになったという。
また、統一した視点で行われる審査によって、適合性と有効性の問題にもメスが入るようになった。「できてはいるが、有効ではない」もしくは「部分最適だが全体最適ではない」といった点が浮き彫りになっているという。
こうしたメリットは、特にISO14001認証の統一において顕著に見られるそうだ。「そもそもISO14001は順法を促す側面が強い規格ですから、マニュアルを統一し、ガバナンスを効かせて管理することに適しているのです」と、飛松さんはその理由を分析する。
一方ISO9001は、製品に応じてマニュアルを適宜変更した方が、効果が上がりやすいという側面がある。よって統一効果を出せるかどうかは今後の課題だそうだ。
「ちょうど今年(2015年)、ISO9001が改訂されますので、この機会を利用してメリットをより感じられるマニュアルづくりを進めたいと思っています」と町田さんは言う。「そして創立100年を迎える2017年までには、『明らかな成果が見られて、ISO9001、ISO14001共に認証統一は成功だ』というお墨付きをもらえるようにしたい」と考えているそうだ。

ガバナンス強化と統括部門の仕事の見える化
では最後に、認証統一を検討している組織へのアドバイスを聞いてみよう。
「認証統一により特に効果が出たのはガバナンスでした。ですからガバナンスを強化したい組織には非常に有効だと思いますし、言い方を変えると、ガバナンスが効きやすい規模の、むしろ小規模の組織のほうが統一の効果が実感しやすいかもしれません」と町田さん。
一方、飛松さんは、「ISO9001認証の統一によって、現場だけでなく統括部門の仕事の見える化が図れることもメリットですよ。実は、統一以前、統括部門はISO9001認証を取得していませんでした。従って統括部門の業務のクオリティーに関する規定がなく、『統括部門(人事部や経営企画部など)って、いったいどんな仕事をしているの?』や、『統括部門の業務の品質とは何?』などといった疑問が社内にありました。しかし統一を通じて統括部門にも品質マネジメントシステムが適用されたことで、統括部門と現場の相互理解が進み、統括部門が自分たちの仕事をクオリティーという切り口で見直すきっかけになるという効果もありました」と言う。
現場の声を尊重しながらも、堅実なスケジュールに則り、目標に到達するという同社における認証統一のプロセスは、それ自体が優れたマネジメントシステム事例のように感じられた。

(2015年8月6日取材)

TOTO株式会社:品質と安全のこだわり環境へのとりくみ

ビューローベリタスのサービス:グローバル認証プログラム(統一認証/統合認証)

 

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan