学習サービス産業受難の時代にサービス品質で差別化を

PDF版はこちら

1.学習サービス産業向け国際規格の誕生

1.学習サービス産業向け国際規格の誕生 学習サービス産業のためのISO規格が発行されたと聞いて、当初は違和感を感じました。従来、我々のような審査・認証機関の顧客に無い産業だったからです。しかしながら、考えてみると世の中には塾や予備校をはじめ、英会話教室、職業訓練から稽古事まで様々な学習サービス(学校教育を除く教育産業)はあふれているにもかかわらず、そのサービス品質について語られることはあまり無かったようです。これらの事業者の評価は口コミで広がるものの、第三者的な評価がオープンにされたことが極めて少なかったことも考えられます。日本国内では少子化問題を抱えながらも、各専門領域における学習サービスへの需要と期待は高まる一方です。

日本標準産業分類からみた事業区分
大分類 O 教育、学習支援業
中分類 小分類 事業区分
業種
学校教育
[81]
811 幼稚園 第五種事業
812 小学校
813 中学校
814 高等学校
815 特別支援学校
816 高等教育機関
817 専修学校、各種学校
818 学校教育支援機関
その他の教育、
学習支援業
[82]
821 社会教育 第五種事業
822 職業・教育支援施
823 学習塾
824 教養・技能教授業
829 他に分類されない教育、学習支援業

出典:総務省ウェブサイト「日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)−分類項目名」(抜粋)


学習サービス産業の市場規模
学習サービス業 市場規模(単位:億円)
学習塾・予備校 9,000
資格取得学校 2,200
英会話・語学学校 2,850
資格検定試験 400
学生向け通信教育 1,650
社会人向け通信教育 900
企業向け研修サービス 4,500
eラーニング 1,000
合計 22,500

株式会社矢野経済研究所調べ



2.学習サービス産業の課題

学習サービス産業における一番大きな課題は少子化による子供の数の減少でしょう。これにより量的に市場規模は縮小するばかりといえます。一方で、中高一貫教育の普及や通塾率の増加が市場の縮小を補っていることもうかがえます。そんな中、カリスマ講師を有する予備校が市場を席巻する状況も生まれています。また、事業の運営面においては契約内容(入学時の取り決め)の透明化、個人情報の保護や子供の安全の確保なども重要な事業者選定要素となっています。したがって、市場競争で勝ち抜くための要素として、講師の力量や管理面の充実、経営者の方針など、事業者のマネジメントに対する総合的な評価指標が望まれるところです。



3.行政の施策

失業率や有効求人倍率については、最悪期を脱したようですが、依然として職業能力と実業との不整合などによって一部の失業者にとって就職が困難な状況に変わりはありません。
国内の学習サービス監督官庁である厚生労働省は雇用保険を受給できない求職者に対し、訓練を受講する機会を確保するとともに、一定の場合には、訓練期間中に給付金を支給し、ハローワークが中心となってきめ細かな就職支援を行うことにより、早期就職を支援する制度を運営しています。一定条件を満たした対象者に対し、認定された民間教育訓練機関が実施する就職に資する訓練機関で訓練を受けることにより、職業訓練受講給付金を支給しています。また、民間教育訓練機関に対しては職業訓練サービスガイドラインを発行して、マネジメントシステムの導入を促しています。内容を見てみると先に発行された国際規格ISO29990の考え方を踏襲していることが容易にわかります。

厚生労働省ウェブサイト 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドラインを、ご活用ください!」



4.ISO29990 学習サービスマネジメントシステム規格

そうしたニーズと期待にこたえるべく、登場したのが「ISO29990−非公式学習サービスマネジメントシステムの手引き」です。その目的を、「非公式教育・訓練のための学習サービス分野における質の高い専門的な業務及びパフォーマンスのための包括的なモデル、学習サービス事業者と顧客に非公式教育・訓練の企画・開発、提供に関する共通認識を提供すること」としています。

規格の構造をみると「戦略及び経営管理」や「財務管理及びリスクマネジメント」など経営の仕組みであることが容易に理解できます。事業者として方針を明確にして資源を投入し、プロセスを決めて、その結果を評価、改善していくという、至って単純なマネジメントモデルを適用しています。ISO29990は技術論ではなく経営者がビジネスを成功へ導くためのツールとして活用することを目的に構成されているのです。ビジネス上の優位性向上、サービス品質の向上にご活用下さい。詳しい内容に関するお問い合わせは以下の【お問い合わせ】までどうぞ。ビューローベリタスがエスコートします。



システム認証事業本部 水城学


【お問い合わせ】
ビューローベリタスジャパン(株)
 システム認証事業本部 営業部 TEL:045-651-4785
お問い合わせフォームもご利用下さい
ビューローベリタスのサービス:学習サービスマネジメントシステム認証(ISO29990)


www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan