消費財検査部門(日本認証サービス株式会社 試験・分析事業部)
日本農林規格とは〜JAS法の概要
 

ビューローベリタスグループは、食品業界の「フードセーフティ」をトータルにサポートする体制を整えています。 ISOなど国際規格への適合性を確認する認証サービス、サプライチェーンの信頼性を確認する監査サービスに加え、グループ企業の日本認証サービスでは、食品微生物検査、残留農薬検査、有機JAS認定など、様々な品質安全検査・認証サービスをお届けします。

1.日本農林規格とは〜JAS法の概要
JAS法の正式名称は「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といい、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」から成っています。
この法律で定められたルールに従い、食品等にJASマークや原産地等が表示されています。

2.定義等
「農林物資」とは、@飲食料品及び油脂、A農産物、林産物、畜産物及び水産物並びにこれらを原料又は材料として製造し、又は加工した物資をいいます。ただし、酒類並びに薬事法に規定する医薬品、医薬部外品及び化粧品を除きます。(法第2条第1項)
「規格」とは、農林物資の品質についての基準及びその品質に関する表示の基準をいいます。
「日本農林規格」とは、JAS法の目的を達成するため必要があると認められた時に、農林水産大臣が農林物資の種類を特定して制定する規格のことです。
この規格は大きく分けて、@品位、成分、性能等の品質についての基準を定めるいわゆる一般のJAS規格、A生産の方法についての基準を内容とする特定のJAS規格、B流通の方法についての基準を内容とする定温管理流通加工品のJAS規格の3種類があります。
 
JAS規格の種類
JASマークの種類 説明 説明 規格制定品目

品質に関するJAS規格

色、香りといった品位、原材料、食品添加物といった成分等、品質についてのJAS規格を満たす食品や林産物などに付される。

即席めん、しょうゆ、果実飲料、集成剤等計51品目

生産方法に関するJAS規格

一定期間以上の熟成や一定期間以上の平飼い等、特別な生産や製造方法、特色ある原材料についてのJAS規格を満たす食品に付される。

熟成ハム類
熟成ソーセージ類
熟成ベーコン類
地鶏肉
手延べ干しめん

有機農法により栽培された農産物等、有機JAS規格を満たす食品に付される。このJASマークを付してある食品には「有機○○」などと表示できる

有機農産物
有機加工食品
有機畜産物
有機飼料

生産情報公表JAS規格により定められた方法により生産情報が公開されている牛肉、豚肉、農産物、養殖魚に付される。

生産情報公表牛肉
生産情報公表豚肉
生産情報公表農産物
生産情報公表養殖魚

流通方法に関するJAS規格

製造から販売はでの流通行程を一貫して一定の温度を保って流通させるという、流通の方法に特色がある加工食品に付される。

米飯を用いた弁当類
(寿司、チャーハン等)

3.JAS規格による格付
格付とは、JAS規格が定められている農林物資がJAS規格に適合しているか否かを、試験、分析、調査その他の方法により検査し、その結果によりJAS規格に適合していると判定することです。

4.JAS規格の呼称の禁止
法第12条にて「何人も、JAS規格でない農林物資の規格についてJAS規格又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない」こととされています。これは、JAS規格以外の農林物資の規格(事業者の自主規格や地方公共団体の定める規格等)はJAS規格又はこれと紛らわしい名称を用いてはならない事を規定しています。
また、法第18条においては、JAS格付を受けていない農林物資についてはJASマークを付してならないとされています。

引用・参考文献
農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律、同法施行令及び同法施行規則(平成25年4月1日) 有機農産物 検査認証制度ハンドブック(改訂第5版)(農林水産省/平成24年6月)

日本認証サービス株式会社 認証事業部 宮井あき

【お問い合わせ】
日本認証サービス株式会社 営業部 TEL045-949-4664 FAX045-949-4621
  お問い合わせフォームもご利用下さい 
 
日本認証サービスのサービス: JAS認定業務

 

www.bureauveritas.jp

© Bureau Veritas Japan