三井海洋開発のFSRWP®(浮体式LNG貯蔵再ガス化発電淡水化設備)に対しAiP(設計基本承認)を付与

2018/6/1up


この度ビューローベリタスは、三井海洋開発株式会社(MODEC)が開発したFSRWP®(Floating Storage Regasification Water-Desalination & Power-Generation:浮体式LNG貯蔵再ガス化発電淡水化設備)に対しAiP(設計基本承認)を付与し、 5月1日、ヒューストン(USA) で開催されたOffshore Technology Conference(OTC)2018の会場にて Mr. Matthieu de-Tugny 船級部門COOから同社宮ア俊郎社長にAiP証書を贈呈致しました。

FSRWP®(Illustration courtesy of MODEC)

MODEC宮ア社長へAiP証書を贈呈
(ビューローベリタスCOO Matthieu de-TugnyよりOTC 2018会場にて)


FSRWP®はLNGの再ガス化に加え、ガスでの発電や海水の淡水化も可能な洋上複合ガス設備であり、電力や生活・工業・農業用水に対する世界的な需要の高まりに対応するコンセプトとして開発されました。
主な特徴は以下の通りです。

  1. 3つのバリエーション展開:
    発電兼造水設備であるFSRWP®に加え、発電専用のFSR-Power® (Floating Storage Regasification & Power-Generation:浮体式LNG貯蔵再ガス化発電設備)ならびに造水専用のFSR-Water®(Floating Storage Regasification & Water-Desalination:浮体式LNG貯蔵再ガス化淡水化設備)を開発
  2. 想定能力:
    発電出力 最大1,000MW、造水能力 最大40万立米/日、LNG貯蔵能力 最大18万立米
  3. 同様の機能を有する陸上施設との比較で低コスト、短納期(受注から18-24ヶ月)を実現できるほか、環境規制にも柔軟に対応
  4. 再生可能エネルギーが持つ電力供給の不安定さを補完するための用途にも最適

FSRWP®は、活発化するLNGの大陸間取引を受け需要が高まる浮体式受け入れ基地FSRU(Floating, Storage, Regasification Unit: 浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備)の機能を拡充したコンセプトとも言え、本土からの送電線網が整備されていない島しょ部を多く有する国や、電力需要が高く耕作地向けの水が必要な開発途上国などでの需要が見込まれます。
三井海洋開発は、FPSO(Floating Production, Storage and Offloading system: 浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)/FSO(Floating Storage and Offloading system: 浮体式海洋石油・ガス貯蔵積出設備)の設計・建造のほか、FPSO/FSOの傭船事業(リース、運転、保守点検などのオペレーション)などを手掛ける世界的コントラクターです。
FPSO/FSOでは、原油とともに揚がる随伴ガスを利用して船上での原油精製設備などのために発電を行っているほか、設備の冷却用、清掃用の水ならびに居住区での生活用水確保のために淡水化による造水も実施しており、現在傭船中の全設備の合計能力は、発電1,500 MW、造水量40万立米/日にのぼり、三井海洋開発は長期にわたるFPSOの設計・建造ならびにそれらの操業で培った実証済み技術を、今回の独自コンセプトであるFSRWP®開発につなげました。

FSRWP®の設計は従来の船級規則に当てはまらないことから、当設備の投入が期待される地域の一つであるアフリカ諸国のネットワークを含む、ビューローベリタスのグローバルプレゼンスを活用し、今回のAiP付与への運びとなりました。

上述のMr. Matthieu de-TugnyはAiP証書贈呈の際に宮ア社長に対し「MODECの革新的アイデアの実現に、これまでの経験により培ってきた専門性を用いてビューローベリタスが貢献できたことを大変嬉しく思います。」との謝辞を述べました。

ビューローベリタスでは、従来の船級としての業務に加え、Hydro-Structure、Risk Management、Digital Transformationなどの各分野における高い専門性を活かして、皆様の新しい事業へのチャレンジに貢献できるよう、テクニカルサポート業務の発展にも力を注いでおります。

※「FSRWP」「FSR-Power」「FSR-Water」は、三井海洋開発株式会社(MODEC, Inc.)の登録商標です。

三井海洋開発について:

三井海洋開発は、FPSO、FSO及びTLP(Tension Leg Platform: 緊張係留式プラットフォーム)と呼ばれる浮体式の海洋石油・ガス生産設備の設計・建造・据付に加え、自ら設備の保有ならびに操業を行なうことにより、石油・ガスの生産サービスを石油会社に一貫して提供する日本で唯一の企業です。世界でも業界における二強に数えられ、これまでに45件を超える浮体式洋上生産設備の建造実績を有し、延べ200年を超える設備操業経験の蓄積を強みとしています。

FSRWP®についての三井海洋開発ウェブサイトはこちら
FSRWP® AiP付与についてのビューローベリタスウェブサイト(英語)はこちら

 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース