FSRUに関する初めての船級規則 BV-NR645を発行

2017/11/9up


ビューローベリタスは浮体式貯蔵再ガス化設備 FSRU(floating storage and re-gasification unit)に特化した船級規則 BV-NR645 を、他船級に先駆けて2017年10月9日に発行しました。

FSRU はタンカーから LNG を貯蔵し、その後海底パイプラインなどで貯蔵した LNG を地上の発電所などに供給する浮体式設備であり、既存 LNG 船からの転用も可能です。このため、建設コスト・期間などの点で陸上 LNG 受け入れ基地に対し優位性があり、注目を集めています。従来、 FSRUについては Marine と Offshore でそれぞれ船級ルールを定めていましたが、今回の NR645 はそれらを統合し、 FSRU に特化した船級規則となりました。更に NR645 では Service Notation として以下二つの区分を設けています。

- Service Notation "Liquefied Gas Carrier−FSRU"
FSRU として使用されながらも LNG を運搬して移動する可能性を持つものを対象とし、 LNG 船規則に準じる。ただし FSRU として使用されている間は、通常の LNG 船に要求される5年後のドライドック検査要求などは免除される。
- Service Notation "FSRU"
もっぱら FSRU として使用され LNG を運搬して移動する可能性がないものを対象とする。永続稼動の求められる機器のドライドック検査要求に変えて、常時状態監視を行いその記録を検査する手法を要求として組み込む。その他、たとえば IGC Code 要求の船底損傷時のダメージスタビリティなど、その特性に応じていくつかの条約要求が免除される。

BV-NR 645 ルールのダウンロードはこちら(PDF:446KB)
BV-NR 645 ルール(改正部分)のダウンロードはこちら(PDF:209KB)

ビューローベリタス船級規則一覧はVeriSTAR Info ウェブサイト(英語)からご覧いただけます。


 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース