船用機器CEマーキング

舶用機器・鋼材検査

舶用機器CEマーキング(MED)

CEマーキングは製品が「適用の要求基準を満たしていること」を製造者あるいは販売者が責任を持って宣言するものです。主な指令として、機械、低電圧機器、圧力容器、EMC、無線通信電話機器、医療機器、おもちゃ、舶用機器指令などがあります。
MED(船舶機器指令、舵輪マークなどと呼ばれる)は、CEマーキングの中で舶用材料・機器に対して発効されているEU指令の一つです。


MED(舶用機器指令)のCEマーク(舵輪マーク)

CEマーキング


2016年9月18日より新MED "2014/90/EU "が発効となりました。
これに伴う、従来のMED(96/98/EC)からの主な変更点として以下が挙げられます。
1) 適合宣言書(Declaration of Conformity)を、Module D/E/F承認に関わったNotified Bodyに提出する必要があります。
2) 適合宣言書は、対象品と一緒に本船で保持する必要があります。
3) Module B 承認審査の際、図面、試験結果等と併せて対象品のリスクアセスメントの結果を提出する必要があります。
4) EU域外の製造者は、EU域内に代理人を選定する必要があります。


MEDの目的

EU域内の各国毎にバラバラに存在していた適用規則、規制を統合し、従来は、各国毎にまちまちであった型式認定方式を統一し、EU域内の流通を促進することにあります。それまで各国の型式認定が必要とされていたものがこのMEDに統一されるので大幅なコストダウンが期待出来ます。


MEDはEU、及びEFTA諸国の船籍船に搭載する機器に取得が必要

2013年にクロアチアが加入。2015年2月現在、以下28ヶ国のEU諸国、及び3ヶ国のEFTA(欧州自由貿易連合)諸国がその対象となっています。


EU諸国
オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、 ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国

EFTA諸国
アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー


MEDの対象となる機器

以下8つのカテゴリーに分けられ本指令内、リスト "Number (MED/1.1 - MED/8.1) and item designation " に列記されています。
この対象品、試験基準等はMEDの改正に伴い順次追加、あるいは削除されます。このリストにないものは取得対象ではありません。

  1. Life-saving appliances
  2. Marine-pollution prevention
  3. Fire protection
  4. Navigation equipment
  5. Radio-communication equipment
  6. Equipment required under CORLEG 72
  7. Bulk carrier safety equipment
  8. Equipment under SOLAS Chapter II-1.

一方、リスト "Number (MED/9/1.1 - MED/9/8.1) and item designation "にあるものは、
国際的な試験基準が定まっておらず現在はMED対象とならない機器です。


ANNEX A.1の例

番号 名称 型式承認を要求
している
国際条約条項
適用される
国際条約条項
タイプテスト
基準
Xの付いている
適合評価
モジュールを適用
No Item designation Regulation SOLAS 74 as amended
where .type-approval. is required
Applicable regulations of SOLAS 74, as amended, and the relevant resolutions and circulars of the IMO Testing standards Modules for conformity assessment
A.1/1.1 Lifebuoys Regulation III/4, Regulation
X/3
Regulation III/7.1 and III/34, IMO
Resolution MSC.48 (66), IMO
Resolution MSC.97(73) 8.1, 8.3
(2000 HSC Code)
IMO Resolution
MSC.81 (70)
B+D
B+E
B+F

NOTIFIED BODY:認定機関

対象品は、Notified Body、ノーティファイドボディー、認定機関による評価が必要です。
Notified Bodyは認証業務を行える製品群ごとにEU加盟国政府の指名を受け、その政府に代わって製品の評価を行います。BUREAU VERITASはまた、5. Radio-communication equipment, 7. Bulk Carrier safety equipmentを除く6つのカテゴリーにおいて、フランス政府の代理として認定業務を行っています。認定番号は2690。舵輪マークの横にこの番号があればBVで認定を受けた製品です。


MODULE:モジュール

MED認証を受けるうえで、モジュールという言葉が出てきます。製造者はの右端のモジュールの組合せのうち、適切なものを選んで認証を受けることになります。たとえばB+Dを選択した場合、Module B(型式承認)で設計、性能についての評価、Module D(製造品質保証)で製造、最終検査、出荷までの一連の製造プロセスの評価がNotified Bodyにより行われます。

Module B
EC Type-examination
ANNEX A.1リストに列記されているSOLAS、MARPOLなどの国際条約、ISO、IECなどの国際基準、規則に従い設計、製造し、タイプテストに合格すると型式証明書(EC TYPE EXAMINATION CERTIFICATE)が発行される。
Module D
Production Quality Assurance
製品の製造、検査、出荷までの一連の流れ、品質管理状態の審査を受け、QUALITY SYSTEM APPROVAL CERTIFICATEが発行される。品質管理システムの維持審査を定期的に受け、出荷時のNBの立ち会い検査は省略される。製造から出荷まで一貫生産の製造業者に適している。
Module E
Product Quality Assurance
製品の最終検査方法、品質管理状態の審査を受け、QUALITY SYSTEM APPROVAL CERTIFICATEが発行される。品質管理システムの維持審査を定期的に受け、出荷時のNBの立ち会い検査は省略される。製造は外注先、最終検査のみを自社で行う製造業者に適している。
Module F
Product Verification
製品の出荷ごとにNBが最終検査に立ち会い、製品の評価を行う。
Module G
Unit Verification
型式承認があてはまりにくい製品について、国際条約、国際基準、規則に従いオーダーに合わせ設計、製造し、最終的にNB立ち会いによる性能試験を行い、総合的に製品の評価とする。

取得の一歩

取得を希望する品目がANNEX A.1リストにあれば、すぐに取得の第一歩を踏み出しましょう。
まずは型式承認(モジュールB)の取得を考えます。ANNEX A.1のそれぞれの項目について製品が設計され、テスト基準に満足しているか確認します。満足していると判断できれば、EUの認定試験所でタイプテストを実施し、テストレポートを入手します。
これに、申請書、製品の図面、スペック、取扱説明書、いずれも英文のものをBV神戸MED担当にお送り下さい。
BV神戸では内容を確認のうえ、不備が無ければ速やかにBV本社に転送します。その後BV本社に於ける承認作業を経て型式承認証書(EU Type Examination Certificate)が発行され、BV神戸で印刷のうえお客様のもとへ届けられます。


第2のステップ

型式承認の審議中に製造過程のモジュール(D、E、F)をどうするか検討しましょう。
ANNEX A.1リストの右端の欄にX印のついている製造過程のモジュールを選びます。
準備する書類は、申請書、ISO9000s証書、品質マニュアル、組織図、QC工程図(サンプル)です。これらは必ずしも英文である必要はありません。揃ったら、初回の工場(品質管理システム)審査の日を決めましょう。
審査当日はまず書類審査、続いてそれらの書類をもとに実際の製造検査工程を歩き、決められた通りに業務が遂行されているか確認します。事前に不備の書類は当日の提出をお願いする場合があります。その後運用についての説明ならびに質疑応答を行います。

これらのモジュール、B+D、B+E、B+Fのいずれかが整うと、製品に舵輪マークを貼りつけて出荷することができます。


舵輪マークはどこにある?

まず舵輪マークのフォントをここからダウンロードしましょう。マークは製造者で自由に作成してください。
大きさは最小5mmです。
永久に製品に貼られる場合はちょっとお金をかけて、製品に見合った見栄えの良いマークにしましょう。マークの近くに製造工程の認証を受けた認定機関の番号、BVであれば2690、製造年を併せて標示する必要があります。余りお金をかけたくない場合は舵輪マークと2690と印刷したものを作っておき、年度は手書きで記入しましょう。こうすれば製造年が変わっても使えるのでマークが無くなるまでOKです。マークと一緒に会社のマークを刷り込むのも一案です。見栄えの良いマークは他社製品との差別化をはかり、商品の価値をさらに高めることにもなります。

舵輪マークの表示方法


すでにCEマークは貼り付けているが...

すでに他のEU指令、例えば機械指令、低電圧指令、EMC指令、RTTE指令、ATEX指令などに従ってCEマークを貼り付けていてもANNEX A.1リストにある品目についてはMED指令に従った認証が要求されます。同様の試験を行う電気電子機器についてはMEDの試験基準がEMC指令の試験基準よりも厳しいので、MED要求の試験基準で試験のうえEMC指令に従ったCEマークを貼り付けるのが妥当であると考えられます。


適合宣言書? Declaration of Conformity

MEDのみならず他の指令でも同様ですが、CEマーキング全てに要求されるのが適合宣言書です。
これは製品がMED指令に従い設計、製造され、検査に合格したことを製造者またはその販売者が自ら宣言し、またトレーサビリティーを確保するために発行が義務付けられているものです。


MED認定品を探す

MEDの認定機関の集まりによりMED専用のホームページが開設されています。各認定機関が定期的にデータを更新することにより、認定品があらゆる条件を入力して検索することが出来ます。
初めに登録をしてIDとパスワードを取得する必要がありますが、認定品のみならず、MEDに関する情報が得られるのでとても便利です。

http://mared.balbeta.de/


USCGとの相互認証

2004年2月27日、ヨーロッパ(European Commission)とアメリカ合衆国間において、舶用品の相互認証(MRA)について合意がなされ、この7月1日から発効となりました。これは1998年からEU、アメリカ沿岸警備隊USCG、米国通商代表部(USTR)により、大西洋を挟んだ舶用品の自由流通を求めるために協議されてきたものです。
この相互承認の対象品は、5つのカテゴリーのうち、MARPOL、無線機器を除く防火材料、人命救助機器、航海計器であり、現在のMED対象品の全てではありませんが、今後も相互の協議によって追加されてゆくものと思われます。相互認証により発行される型式証書は、現在発行済のものと全体のデザインは変わりませんが、右上のところのMED item number A.1/1.XX などの下にUSCG Approval Category numberが追記されます。
製品には舵輪マークに加えUSCGitem番号を列記する必要があります。


MEDの維持・管理はどうする?

モジュールB:型式承認証書(EC Type Examination Certificate)の有効期限について、決まりはありませんがほとんどの認定機関は5年間の期限を定めています。この有効期限中に国際条約の改正等で更新が必要となる場合がありますが、更新時に最新のテスト基準によるテストレポートが必要となります。

モジュールD、Eについては4年間有効の"QUALITY SYSTEM APPROVAL CERTIFICATE"が発行されますが、年1、2回の品質管理状態を確認する維持審査が必要となります。BUREAU VERITASは維持審査の数カ月前にご担当者あてに維持審査のお知らせのFAXをお送りし、受審査による認証失効を未然に防ぎます。


英語が苦手で...

ご安心下さい。BUREAU VERITASでは皆様の負担を考え、なるべく日本語で取得できるよう配慮しております。
ただし型式承認はBV本社で承認となりますので図面、テストレポートは英文で作成、提出をお願いします。


日本国内での対応

日本国内ではBV神戸内のMED担当のセクションでMEDについての一括管理を行い、取得から運用におけるあらゆる皆様の疑問、問題点にお答えできるように、またBV横浜には審査員を配置し、日本全国のお客様に対応できる体制をとっています。

 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース