MOM (Ministry of Manpower, Singapore)

(シンガポール向け圧力容器の検査)


MOM (シンガポール向け圧力容器検査) | 検査機関 ビューローベリタス

MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)〜概要

MOM(Ministry of Manpower)は、シンガポールにおける労働者を職場の危険から守るための規則で日本の労働安全衛生法に該当します。
MOMでは内部に圧力が掛かる機器(一般的に圧力容器と呼ばれる)、及び危険物(液体・気体等)機器(容器)について、労働者の安全を考慮した製作・検査等の基準が設けられています。
具体的にMOMにおいて第三者検査機関による書類審査・実機検査が必要とされる圧力容器はStatutory Pressure Vessel(SPV)と称されAirReceivers,Steam Receivers, Refrigeration Plant Pressure Receivers, Steam Boilers(Economizers, Superheaters含む)の4つカテゴリーに分類されています。
シンガポール国外において製作される圧力容器(SPV)は、MOMに定められた基準を満たすことが必要となり、この基準を満たしていない機器をシンガポールに輸出(据付)することが出来ません。
ビューローベリタスは、シンガポール当局より認可を受けた検査機関としてMOMに沿った検査を行い、その基準に合致している場合は当局の代行として検査証明書(Certificate)を発行しています。

MOM (シンガポール向け圧力容器検査) | 検査機関 ビューローベリタス


MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)〜設計図書の承認

検査機関(ビューローベリタス)は、下記いずれかの圧力容器設計規格に基づき、設計図書の審査及び承認をします。
・ 英国規格
・ ASME規格
シンガポールのDirector of Occupational Safetyの書面による承認が前もって得られた場合、他の規格の適用が可能です。


MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)〜一般的な検査範囲

具体的には、以下の図書レビュー、検査及びチェックが実施されます。
(a) 強度計算及び図面のレビュー
(b) 材料検査(材料特定、材料検査証明書のチェック及びPre-Inspection Meetingを含む)
(c) WPS/PQRのレビュー
(d) 溶接士及びオペレーターの資格のレビュー
(e) 非破壊試験による溶接部のチェック
(f) (必要な場合)溶接後の熱処理手順のチェック
(g) 外観・寸法検査
(h) 耐圧試験


MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)〜よくある質問

昨今、シンガポール向け圧力容器検査(MOM)に関するお問い合わせが増加しています。
よくあるご質問とその答えをまとめました。
Q1: MOMの対象となる主な機器は何ですか。
A1: シンガポールの規則では下記の通り定義されています。
Pressure Vessel : Any container or vessel used for containing any substance under pressure and include any steam boiler, steam receiver ,steam container, air receiver, refrigeration plant pressure receiver and gas cylinder
Steam Boiler : any closed vessel in which, for any propose, steam is Generated under pressure greater than atmospheric pressure and includes Any economizer used to heat water being fed to any such vessel and any super- Heater used for heating steam

Q2: 製造が既に開始された製品、もしくは中古品に対してMOMを適用することは可能ですか。(2014/12/24公開)
A2:

中古品のMOM対応は不可となります。
MOMの検査工程上、設計図書審査、また製造過程上での立会検査が必要となります。製造が既に開始された製品や中古品に対しては、これらの検査を実施することができないため、ビューローベリタスは、検査をお断りしています。


Q3: どのような検査が必要となりますか。
A3: 対象機器に対して、認定を受けるためには大きく分けて2つのステップが必要です。
1.設計審査(強度計算書、図面等)
2.実機検査(材料確認、Fit-up、溶接、外観・寸法、耐圧等)
"The vessels must also be surveyed during the construction stage by an approved Inspection agency"と記載されており、上記実機検査時は立ち会い検査が基本となります。

特にご注意して頂きたい点は;
1. 設計規格はASME or BSIのみ認められている。
2. 材料規格はASME or BSIのみ認められている。
※ASMEまたはBSI規格以外の規格を使用する場合は、事前にMOM当局の承認を得る必要がある。
3. 設計承認前に製作を開始することは不可。
これら3点に関しては、確認ができないまま製造フローが進行してしまうと後戻りが出来ず、再度、一からの再製造となる可能性が含まれているため、十分にご注意下さい。
また、既に製造に着手した後でこれらの問題に気付き、お問い合わせを頂くことがありますが、ビューローベリタスではドキュメントレビューを実施してないMOM案件のご依頼は、MOMの要求事項を満たしていないとして、全てお断りしておりますのでご了承下さい。

Q4: MOM検査には、どの程度の期間が必要となりますか。(2014/12/24公開)
A4: 製造能力、対象機器数、同類案件の実績の有無など、製造業者によって条件が様々となるため、一概にお答えすることはできません。
ビューローベリタスより、諸条件や状況を個別に確認させて頂いた上で、期間(概算)を回答致します。詳しくは以下営業担当までお気軽にお問い合わせ下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社 産業事業本部 営業担当
・横浜 TEL:045-641-4219
・神戸 TEL:078-322-0232
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

Q5: 必要となる提出書類は何ですか。
A5: 下記の表は、新規に制作した圧力容器をMOMに登録する際に必要となる書類を示しています。
MOM (シンガポール向け圧力容器検査) | 検査機関 ビューローベリタス

Q6: シンガポール現地でのMOM申請は誰が実施しますか。(2014/12/24公開)
A6: 対象プラントのオーナーがMOM当局へ申請することとなります。 ただし、契約内容により、仲介業者となる商社が実施するなどのケースもございますので、都度ご確認下さい。


MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)〜検査概算見積り依頼書

検査概算見積り依頼書 にご記入の上、メールに添付してお送り下さい。
概算見積り金額に加えて、ご要望に応じて、具体的な検査フローや想定スケジュール、実績例(過去プロジェクトのコスト、スケジュールなど)などをお知らせします。
送付先:ビューローベリタスジャパン株式会社 産業事業本部
salesind.yok@jp.bureauveritas.com


MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)〜お問い合わせ

*お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社 産業事業本部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル8F【MAP】
TEL:045-641-4219 FAX:045-663-3777
*お問い合わせフォームもご利用下さい。
 

TEL:045-641-4219

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

検査概算見積り依頼書


フライヤー「MOM(シンガポール向け圧力容器の検査)」Ver.170125

 

セミナー・トレーニング

 

ビューローベリタスのチカラ〜シンガポール向け産業機器のMOM規格法定検査