製品認証FAQ(よくあるご質問)
「EN10204 Type 3.1 Certificateに第三者検査機関のサインが入るとType 3.2 Certificateになりますか。」

2014/7/9up


昨今このご質問を受けることが増えました。
答えは「ほぼノー」です。
製鉄所、鋳物・鍛造製作所で発行された「EN10204 Type 3.1 Certificate(以下Type 3.1)」と記載されているミルシートに、ビューローベリタスのような第三者検査機関(TPI)がレビューなどを経てサイン、及びスタンプを押したとしても、それが自動的にType 3.2 Certificate(以下Type3.2)になることはありません。「Type 3.1に第三者検査機関がサインし、スタンプを押した」以外の意味を持ちません。

従って既に存在するType 3.1ミルシートをType 3.2ミルシートに変更することは、非常に難しいとお考え下さい。

Type 3.1ミルシート発行後にお取り引き先などからType 3.2ミルシートへの変更要求を受けた場合は、まずは「変更不可である」旨をお伝えされることをお勧めします。

変更するために最低限必要な要件は下記の通りです。
1. Type 3.1ミルシートの発行元(製鉄所など)に依頼し、Type 3.2ミルシートを発行してもらう。
2. 同じヒート(チャージ)の素材から、機械試験片を取る。
3. 機械試験に第三者検査機関の立ち会いを受ける(ビューローベリタスの場合)。
4. 上記の機械試験に合格し、第三者検査機関のサイン・スタンプを受ける。

上記要件を充たす場合Type 3.2ミルシートに変更できる可能性はありますが、個々の案件状況などにより不可のケースもあります。事前に第三者検査機関にお問い合わせ下さい。


産業事業本部
・EN10204に基づくType 3.2 Certificate ご案内
・MOM (Ministry of Manpower, Singapore)(シンガポール向け圧力容器の検査) ご案内


Type 3.2 Certificate (EN10204)証明書発行のための立会検査〜お問い合わせ

*お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社 産業事業本部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
TEL:045-641-4219 FAX:045-641-7992
*お問い合わせフォームもご利用下さい。
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース