ビューローベリタスの玩具安全試験
〜タブレット端末やスマートフォンの安全試験も行っています

2013/1/11up


消費財検査−玩具安全試験 | ビューローベリタス
米国のCPSIA(Consumer Product Safety Improvement Act:消費者製品安全性改善法)や、欧州のEU玩具指令(EU Toy Safety Directive)などの規制・規格は、消費者を危険な製品から保護することを目的としています。しかし、小売業者は、取り扱う商品がこれら規制・規格に準拠しているかどうかをどのように確認するのでしょうか?

ビューローベリタスは、リコール、不適合、消費者不安に関連する様々なリスクのマネジメントに取り組む企業をサポートします。規制・規格や、小売業者及びブランドが課す、無数に存在する義務的または任意の要求事項に従って製品を審査し、小売業者のサプライチェーン品質マネジメントを下支えします。

玩具安全試験には、例として、可燃性試験や、危険をはらむ鋭角や小さな部品の物理的試験が含まれます。また、様々な化学物質規制への対応として、小売業者はサプライヤーに、発がん性化学物質、有毒化学物質、アレルゲンなどのリスクを特定する包括的な化学物質安全試験の実施を求めています。現在、2013年7月に新玩具指令の化学物質要求事項の実施が予定されていることから、欧州市場向けサプライヤーにとって安全試験の重要性が益々高まっています。

ビューローベリタスは玩具試験のワールドリーダーとして、昨今では、タブレット端末やスマートフォンなどの人気製品の試験実績を着実に積み重ねています。今日も世界各国の試験所でエンジニアが、製造現場では検査員が、幅広いデバイスの安全性、セキュリティ、信頼性、機能性を評価し、業界要求事項やクライアント独自規格への適合性を確認しています。


・消費財−玩具・幼児製品の試験・検査・認証/工場監査、社会的責任監査、トレーニングサービス ご案内
・"Bureau Veritas helps consumers have a safe Christmas" (Bureau Veritas Global Website)
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース