自家発電設備の安全管理審査

2011/6/17up


自家発電設備の安全管理審査 | 安全管理審査機関 ビューローベリタス
今夏に予想される電力不足に備えて、自家発電設備の導入を検討する企業・施設が急増しています。
自家発電設備の設置者は、その設備について国又は登録安全管理審査機関による安全管理審査を受審することを義務付けられています。(*1)
(*1)自家発電設備の発電規模により、審査を実施する機関が異なります。
・15万kW未満:国又は登録安全管理審査機関
・15万kW以上:国(のみ)

安全管理審査とは

電気事業法で定める事業用電気工作物について、設置者は、その電気工作物が「技術基準」に適合することを確認し、国又は登録安全審査機関の安全管理審査を受けて、検査記録を保存することを義務づけられており、評価結果に応じて設置者は安全管理審査の頻度を軽減することができます。
安全管理審査の詳細はこちらをご覧下さい。

ビューローベリタスジャパン株式会社は、経済産業省の「登録安全管理審査機関」(2008(平成20)年10月1日付)として、安全管理審査を実施しています。
安全管理審査についてご質問やご相談がありましたら、お気軽にご連絡下さい。


安全管理審査〜お問い合わせ先

担当者:白坂(しらさか)
横浜本社・産業事業本部 TEL:045-641-4219
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース