A2LA(米国試験所認定協会)より「子供向け製品試験所」の認定を取得(米国)

2011/1/28up


A2LAより「子供向け製品試験所」の認定取得 | ビューローベリタス
ビューローベリタスのバッファロー試験所(米国)が、ISO17025(*1)に基づき、A2LA(American Association for Laboratory Accreditation:米国試験所認定協会)より、幅広い子供向け製品を取り扱う試験所(ラボ)として認定を取得しました。
ISO17025認定は、試験所の能力に関する国際的基準を基盤としており、試験所が認定を取得するためには、前提条件として、@文書化された品質マネジメントシステムが適切に機能していること、及びA試験能力を実証したと正式に認められることが必須となります。
(*1)試験所・校正機関の能力に関する一般要求事項

バッファロー試験所は既に認定を受けていましたが、今回、規格の改訂に伴い、下記製品の試験手法実施について再認定を受けました。
・幼児用歩行器 (ASTM F977-09を改訂、16 CFR 1216を新たに追加)
・幼児用バスシート (ASTM F1967-10を改訂、16 CFR 1215を新たに追加)
・フルサイズのベビーベッド (ASTM F1169-10を改訂、16 CFR 1219を新たに追加)

また、以下の追加試験手法についても新たな認定を受け、スコープ(対象範囲)が拡大しました。
・キックボード − ASTM F2264
・自転車(フルサイズ) – 16 CFR 1512(反射鏡を除く *16 CFR 1512.16)
・マットレス及びベッドパッドの可燃性 – 16 CFR 1632
・マットレスセットの可燃性(直火) (ラベリングのみ) – 16 CFR 1633.12

さらにビューローベリタスは、A2LA認定取得を受け、CPSC(Consumer Product Safety Commission:米国消費者製品安全委員会)に登録しました。これは、CPSIA(Consumer Product Safety Improvement Act:消費者製品安全性改善法)に基づいて法規制を評価する第三者適合性評価機関としての認定を目的としています。
発効予定は2010年11月から2011年2月までの間となっており、対象製品は以下の通りです。
・幼児用歩行器 (ASTM F977: 16 CFR 1216)
・幼児用バスシート(ASTM F1967: 16 CFR 1215)
・自転車(フルサイズ) – 16 CFR 1512 (反射鏡を除く *16 CFR 1512.16)
・マットレス及びベッドパッドの可燃性 – 16 CFR 1632

2011年6月にCPSCが発効を予定している新たな連邦規則16 CFR 1220では、フルサイズのベビーベッドがASTM F406-10aの要求事項に適合していることを求めています。この案が採択された場合に備え、バッファロー試験所では既に対象ベビーベッドの試験能力がアップグレードされ、採択後速やかにA2LA認定申請と、CPSC登録依頼を行える体制が整っています。

ビューローベリタス バッファロー試験所ディレクターのMichael DiBerardinoは、「今回のA2LA認定を通じて、当試験所の試験能力が、ハイレベルな国際評価基準に到達していることを明確に証明できました。スタッフは刻々と変化する法規制環境に常に対応し、さらには審理中の法案が発効された場合に備えて試験施設を整備するなど、先を見越した対応も行っています。ビューローベリタスは今後もお客様の様々なニーズに迅速にお応えしていまいりますので、ご期待下さい。」と語りました。

・この記事に関するお問い合わせは、下記米国の担当者までお願いします
 Robert Bowen, Manager Toys/Juvenile Products, Bureau Veritas
 Email: robert.bowen***us.bureauveritas.com (メール送信の際は、***を@に打ち替えて下さい)

・Bureau Veritas Group ホームページ掲載の英文記事はこちら
・Bureau Veritas Group Consumer Products Servces (消費財サービス) ご案内(英)
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース