ビューローベリタスのチカラ〜原子力発電所建設プロジェクトのスムーズな進捗をサポート

(メーカー、EPC企業向け事例)

2013/2/26up

原子力発電所建設プロジェクトのスムーズな進捗をサポート | ビューローベリタス
サービス提供:ビューローベリタスジャパン
プロジェクト:フィンランドのオルキルオトNo.3原子力発電所建設工事
クライアント:フィンランド放射線および核安全局(STUK)
エンドユーザー:TVO(フィンランドの電力会社)

ビューローベリタスは、STUKの委託を受けた第三者検査機関として、サプライヤーである世界の大手機械・機器メーカーの製造拠点で、納品される設備機器類を対象に、設計図書のレビュー、及び完成までの検査(ショップインスペクション)を行い、STUK要求事項への適合性を確認しています。

原子炉設計には、フィンランドのYVL Guide、そしてASME規格に代わってフランスのRCC-Mの規格が適用されていることから、同規格に精通しているビューローベリタスが、規格の正確の解釈に基づき、適切なサポートを提供しています。

機関選定にあたり、ビューローベリタスの以下の強みが評価を受けました。
・全世界での原子力プロジェクト参入実績
・豊富な経験、専門知識、必要資格を備えた検査員のグローバルネットワーク
 (同プロジェクトではビューローベリタス各拠点(フィンランド、フランス、ドイツ、英国、日本)より、
 60名超の認定検査員が原子力機器、パイプ、バルブ、ポンプなどの検査を実施)

No.3原子力発電所は2013年に営業運転を開始する見込みです。
当プロジェクトでの経験・実績を礎に、No.4プロジェクトや欧州で予定されるその他の原子力プロジェクトにおけるビューローベリタスの更なる貢献が期待されます。


・輸出用原子力機器・核燃料の検査・監査 ご案内
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース