高速列車の信号システム及び制御装置のアセスメント(イタリア)

2010/1/21up

ビューローベリタスがイタリア高速列車の信号システム及び制御装置のアセスメントを担当
Bureau Veritas GroupのBureau Veritas SCIRO(イタリア)は、イタリアの大手鉄道グループとの間に、トリノ〜ミラノ、ボローニャ〜フィレンツェ、ローマ〜ナポリ間を結ぶ新高速線の信号システムERTMS(European Rail Traffic Management System) Level 2のアセスメント契約を締結しました。

Bureau Veritas SCIROは、既にこれまで2年間にわたり、同鉄道グループが手がける高速プロジェクトにおいて、様々なミッションに関与してきました。
今回の契約に基づき、Bureau Veritas SCIROは、沿線システムのEC検証/独立安全アセスメント/機能アセスメントを担当します。

現在も進行中の高速プロジェクトの一環である高速線は、言うまでもなくイタリアの鉄道において重要な役割を担っており、国内鉄道ネットワークの卓越性を象徴する存在です。高速線には、先端技術の粋を集めたERMTS level 2が世界で初めて導入されています。


・ビューローベリタスジャパン 産業事業本部 製品認証業務
 

お問い合わせフォーム

 

お見積りはこちらから

 

見積書

フォーマット

テスト検査

見積書

フォーマット

テスト検査

 

セミナー・トレーニング

 

関連ニュース